上昇狙いのショットガン投資法・ショートトレードのストーリー検証[1]検証方法について

Date :
Category : トレード研究
Tag : , , ,
相場師朗先生の「ショットガン投資法」を一番最初に学ぶのが近道
相場師朗先生のトレード技術の基礎を順序立てて学ぶ
【お試し無料ダウンロード版あり】相場師朗先生のトレード技術を学ぶならこのチャートソフトは必須!

>>株タローが書いた【チャートギャラリー】に関する記事はこちら<<

「半分の法則(下半身)」「ものわかれ」「N大(ニチダイ)」とは?


相場師朗先生のトレード技には色々なものがありますが、有名なものは「半分の法則(下半身)」「ものわかれ」だと思います。

下半身の定義は「ローソク足が横ばいから上向きに転じつつある5日移動平均線を下から上に陽線で抜けること」ローソク足の実体部分が5日線をまたいで越える形以外に、窓を空けて飛び越えた場合もシグナル点灯と見なします。

「相場の赤本 チャートで騰がる株完全マスター」より引用

株価の下落につられるように下を向いた5日線が20日線に近づいたあと、再び同じ方向に向かう動きが「ものわかれ」です。ポイントは、近づくだけで、接したり、クロスしたりしないこと。

「相場の赤本 チャートで騰がる株完全マスター」より引用


5日線が20日線を下から抜けて一番最初に発生した「ものわかれ」を「N大(ニチダイ)」と言います。

「ものわかれ」+「半分の法則(下半身)」発生後のストーリー

「ものわかれ」+「半分の法則(下半身)」発生後のストーリーは下記の4種類が考えられます。

1.上昇

「ものわかれ」+「半分の法則(下半身)」が発生した後、そのまま上昇。

2.一旦下落、反転して上昇

「ものわかれ」+「半分の法則(下半身)」が発生した後、一旦下落するが、反転して再び上昇。

3.下落

「ものわかれ」+「半分の法則(下半身)」が発生した後、下落。

4.横ばい

「ものわかれ」+「半分の法則(下半身)」が発生した後、横ばい。

ショットガン投資法とショートトレードの使い分け

「1.上昇」の場合は、ショットガン投資法でローソク足が横ばい、もしくは下落するまで継続します。「2.一旦下落、反転して上昇」「3.下落」「4.横ばい」の場合は、ショートトレードで建玉操作を行います。

ショットガン投資法の場合は、買いエントリーした後、建玉操作せず、ローソク足が横ばいになるまで継続するので、特に問題はありません。

考えなければならないのが、ショートトレードです。

例えば、個別銘柄が上昇傾向で、さらに上昇すると予想しても、日経平均やNYダウ、為替の急落で、個別銘柄もつられて下落してしまうことがあります。

予想はあくまでも予想で、それが全てではありません。予想通りに動けば問題ありませんが、予想とは逆に動いてしまった時にどうするか?

そこで大切なのが、建玉操作です。

上記のケースで、下落したら、一旦ヘッジの売りを入れる。下落がすぐに止まり、再び反転上昇したら、ヘッジの売りを切って、買いを追加する。さらに下落してしまったら、本玉の買いを切って、ヘッジの売りを追加して本玉に転換する。

この建玉操作のタイミングを細かく検証していきたいと思います。

検証方法

「ものわかれ」+「半分の法則(下半身)」が発生している箇所をピックアップして、「どのような建玉操作をしたら勝てるのか?」を検証していきます。
 

相場師朗先生の「ショットガン投資法」を一番最初に学ぶのが近道
相場師朗先生のトレード技術の基礎を順序立てて学ぶ
【お試し無料ダウンロード版あり】相場師朗先生のトレード技術を学ぶならこのチャートソフトは必須!

>>株タローが書いた【チャートギャラリー】に関する記事はこちら<<



同じカテゴリーの記事