上昇狙いのショットガン投資法・ショートトレードのストーリー検証[3]利益が出ている時の手仕舞いタイミング

Date :
Category : トレード研究
Tag : , ,
相場師朗先生の「ショットガン投資法」を一番最初に学ぶのが近道
相場師朗先生のトレード技術の基礎を順序立てて学ぶ
【お試し無料ダウンロード版あり】相場師朗先生のトレード技術を学ぶならこのチャートソフトは必須!

>>株タローが書いた【チャートギャラリー】に関する記事はこちら<<

上昇狙いのショットガン投資法・ショートトレードのストーリー検証

上昇狙いのショットガン投資法・ショートトレードのストーリー検証を行っています。

[1]検証方法について
[2]下落シナリオでの失敗トレード

客観的に判断できる手仕舞いタイミングを考える

「利益が出ている時、最終的にどこで手仕舞うか?」

迷いどころだと思います。手仕舞いが早すぎても、遅すぎても、得られる利益を逃してしまいます。

上昇狙いの場合、私が考えている手仕舞いタイミングは下記になります。(※他にもあるかもしれません。)

1.横ばい
2.2日連続陰線
3.2日線が5日線を割り込む
4.2日線が3日線を割り込む
5.2日連続コマ
6.節目

手仕舞いは、その時の感覚でタイミングがずれてしまうよりも、誰の目から見ても分かるタイミングが良いと考えています。

以前、「ちょっと下がってしまったけど、明日は上がるだろう・・・」と、自分に都合の良い解釈をしてしまい、失敗してしまったことがありました。

今度はそうならないよう、客観的に分かる手仕舞いタイミングにしておきたいと思います。

たくさんチャートを見て、どのタイミングが良いか、確認していきます。今の時点で考えているのが、「2.2日連続陰線」もしくは「3.2日線が5日線を割り込む」「4.2日線が3日線を割り込む」です。

もっと検証を進めて、さらに良いタイミングが出てきたら、修正したいと思います。
 

相場師朗先生の「ショットガン投資法」を一番最初に学ぶのが近道
相場師朗先生のトレード技術の基礎を順序立てて学ぶ
【お試し無料ダウンロード版あり】相場師朗先生のトレード技術を学ぶならこのチャートソフトは必須!

>>株タローが書いた【チャートギャラリー】に関する記事はこちら<<




同じカテゴリーの記事