日経平均と日経平均先物の動きから、ショットガン投資法の勝率を上げられないか?

Date :
Category : トレード研究
Tag :
相場師朗先生の「ショットガン投資法」を一番最初に学ぶのが近道
相場師朗先生のトレード技術の基礎を順序立てて学ぶ
【お試し無料ダウンロード版あり】相場師朗先生のトレード技術を学ぶならこのチャートソフトは必須!

>>株タローが書いた【チャートギャラリー】に関する記事はこちら<<

寄付成行で買いエントリーした日の陰線はキツイ

ショットガン投資法でトレードしていて一番悲しいのが、寄付成行で買い(売り)エントリーした日に逆行して陰線(陽線)になったときです。

これって、結構あるあるですよね・・・^^;

大きなトレンドを見ながらエントリーできないか?

今、検証しているのが、「日経平均と日経平均先物の値動きから、ショットガン投資法の勝率が上げられないか?」と言うことです。

検証を考えたきっかけは、株式の市況を見ていた時です。日経平均の他にも、「どのくらいの銘柄が上昇・下落しているか?」が分かりますよね。




例えば、2019年8月9日の市況(東証一部)は下記になります。

【2019年8月9日】
日経平均 20,684.82円:+91.47円(前日比)
値上がり1,209銘柄 / 値下がり837銘柄 / 変わらず103銘柄

ちなみに、2019年8月2日に日経平均が暴落した時の市況(東証一部)は下記になります。

【2019年8月2日】
日経平均 21,087.16円:-453.83円(前日比)
値上がり129銘柄 / 値下がり1,994銘柄 / 変わらず26銘柄

日経平均が暴騰した時は、多くの銘柄が上昇。その逆で、日経平均が暴落した時は、多くの銘柄が下落しています。

日経平均が暴騰・暴落した時は、個別銘柄が上昇トレンド・下落トレンドなのかは関係ありません。順調に上昇していている個別銘柄でも、日経平均が暴落すれば、それにつられて下落します。

ショットガン投資法の場合は、数日で手仕舞いしますので、この短期的な逆行が命取りになるのです。

そうならないためには、以前の記事にも書きましたが、「日経平均の大きなトレンドに合わせて、個別銘柄のトレードをした方が良いのでは?」と感じたのです。

【以前書いた記事】
大きなトレンドを意識してエントリー銘柄を選定する
 

相場師朗先生の「ショットガン投資法」を一番最初に学ぶのが近道
相場師朗先生のトレード技術の基礎を順序立てて学ぶ
【お試し無料ダウンロード版あり】相場師朗先生のトレード技術を学ぶならこのチャートソフトは必須!

>>株タローが書いた【チャートギャラリー】に関する記事はこちら<<




同じカテゴリーの記事