チャートギャラリーでローソク足チャートを表示する方法

投稿日:
カテゴリ:チャートギャラリー徹底解説
キーワード:

ローソク足とは

ローソク足は日本では代表的な表示方法で、4本値(始値・終値・高値・安値)を、1本のローソクのような棒状で表示したものです。


ローソク足チャートは日本の江戸時代に誕生し、現在では海外でも利用されています。海外では「Candle Chart」(キャンドルチャート)と呼ばれています。

ローソク足は「陽線」と「陰線」の2種類あり、始値よりも終値が高い場合を「陽線」、始値より終値が安い場合を「陰線」と言います。

■4本値(よんほんね)
始値(はじめね):ある期間の始まった時の価格
終値(おわりね):ある期間の終わった時の価格
高値(たかね):ある期間中の一番高い価格
安値(やすね):ある期間中の一番安い価格

その日の取引の始値を「寄り付き値(よりつきね)」、その日の取引の終値を「引け値 (ひけね)」とも言います。

ローソク足の期間は、1日を日足(ひあし)、1週間を週足(しゅうあし)、1ヶ月を月足(つきあし)、1年を年足(ねんあし)と言います。

チャートギャラリーでローソク足チャートを表示する方法

チャートギャラリーでローソク足を表示する方法です。

通常であれば、チャートビューアのボタンをクリックすると、チャートギャラリーが起動されて、ローソク足チャートが表示されます。





株価の数字がたくさん表示されている場合は、表形式で表示されています。



メニューの【表示-チャート】をクリックすると、ローソク足チャートが表示されます。





バーチャートで表示されている場合は、メニューの【設定】をクリックします。





【四本値をローソク足でなくバーチャートで表示】のチェックを外します。



一旦、チャートギャラリーを終了します。



再び、チャートギャラリーを起動すると、ローソク足チャートが表示されます。





チャートギャラリーでは、株価を表示する方法としてローソク足、バーチャート、終値折れ線チャート(ラインチャート)の3種類があります。

チャートギャラリーでバーチャートを表示する方法
チャートギャラリーで終値折れ線チャート(ラインチャート)を表示する方法

たくさんの銘柄を快適にチェックするなら
パンローリングのチャートギャラリーがおすすめ!

・製品版を購入すれば最新の株価データをずっと無料でダウンロード可能
・買い切りソフトなので毎月の利用料を支払う必要はなし
・最新データをダウンロードしておけば、ネットに繋がっていなくても利用可能
・銘柄の切り替えが早いので、たくさんの銘柄をチェックするのに便利
・約30年分のデータを閲覧可能、思う存分トレードの勉強ができる
・相場師朗先生のトレード技術を勉強するなら必須のチャートソフト

 無料お試し版はこちらから

チャートギャラリー徹底解説

チャートギャラリーの基礎知識

チャートギャラリーをおすすめする理由

チャートギャラリーのインストール方法

チャートギャラリーの使い方

チャートギャラリーの便利な使い方


関連記事

【チャートギャラリー専用】各種銘柄データ

チャートギャラリー用データに最適化しています。ダウンロードしてチャートギャラリーに取り込めばすぐに使えます。

相場師朗先生の「技」銘柄検出データ【営業日毎日更新】

株式各種銘柄データ

株式ランキング銘柄データ【営業日毎日更新】

チャートギャラリーラインナップ

エキスパートプロスタンダード