2台のパソコンでチャートギャラリーを使う時の銘柄データの取扱い

Date :
Category : チャートギャラリーの使い方
Tag :
相場師朗先生の「ショットガン投資法」を一番最初に学ぶのが近道
相場師朗先生のトレード技術の基礎を順序立てて学ぶ
【お試し無料ダウンロード版あり】相場師朗先生のトレード技術を学ぶならこのチャートソフトは必須!

>>株タローが書いた【チャートギャラリー】に関する記事はこちら<<

チャートギャラリーの銘柄データは1箇所に保存する



デスクトップパソコンとノートパソコンの2台でチャートギャラリーを使っていますが、銘柄データはDropboxやOneDriveなどのクラウドに保存しています。

それぞれのパソコンでチャートギャラリーを使う時は、クラウドに保存した銘柄データを読み込むようにしています。

このように、データを1箇所にまとめておいたほうが、データの管理が楽になります。

iPhoneのテザリングでクラウド上に保存しているデータを読み込む



普段はデスクトップパソコンでチャートギャラリーを使っていますが、たまにノートパソコンを外に持ち出してチャートギャラリーを使いたい時があります。

ノートパソコンにはネット回線はついていないので、自宅ではWifiに、外出先ではiPhoneのテザリングでネットに繋いで、クラウドに保存しているチャートギャラリーの銘柄データを読み込みます。

クラウドのデータを同期してノートパソコンのデータが最新になっている場合は、ネットにつながなくても大丈夫です。ただ、銘柄データを更新した場合は、ネットに接続してクラウド上のデータを更新しておきます。

2台のパソコンのハードディスクに銘柄データを保存すると管理が大変になる

銘柄データはなるべく1箇所に保存したほうが良いです。その方が、銘柄データの管理がしやすいからです。

例えば、2台のパソコンにチャートギャラリーをインストールして、別々に銘柄データを保存して管理するとします。

50銘柄のチャートチェックを日課にしていますが、どちらのパソコンを使うかは、その時の状況によります。

となると、2台のパソコンは常に最新データにするための更新作業をしておかなければなりません。数銘柄では手間はかからないかもしれませんが、数十銘柄のデータを2台のパソコンで最新の状態に管理するのは面倒です。

チェックしている銘柄の抜けが生じたりして、トレードチャンスを逃すことにもなりかねません。

そのため、先にも書いたように、チャートギャラリーの銘柄データをクラウド上に保存しておいて、2台のパソコンからは、常にそのデータを読みに行くようにしておくのです。

このようにしておけば、2台のパソコンに保存したデータをそれぞれ更新する必要もありません。

USBメモリに銘柄データを保存する



ノートパソコンがネットにつながらない場合もあります。その場合は、USBメモリに銘柄データを保存する方法もあります。

銘柄データをUSBメモリに保存して、それぞれのパソコンで使う時は、USBメモリをパソコンに挿して使います。

そうすれば、銘柄データは1箇所で済みます。

いずれの方法にしても、銘柄データは1つにまとめることを意識しておけば、日々の銘柄データ管理が楽になります。
 

相場師朗先生の「ショットガン投資法」を一番最初に学ぶのが近道
相場師朗先生のトレード技術の基礎を順序立てて学ぶ
【お試し無料ダウンロード版あり】相場師朗先生のトレード技術を学ぶならこのチャートソフトは必須!

>>株タローが書いた【チャートギャラリー】に関する記事はこちら<<




同じカテゴリーの記事