大きなトレンドを意識してエントリー銘柄を選定する

Date :
Category : コラム
Tag :
相場師朗先生の「ショットガン投資法」を一番最初に学ぶのが近道
相場師朗先生のトレード技術の基礎を順序立てて学ぶ
【お試し無料ダウンロード版あり】相場師朗先生のトレード技術を学ぶならこのチャートソフトは必須!

>>株タローが書いた【チャートギャラリー】に関する記事はこちら<<

大きなトレンドに乗る

日経平均が停滞気味な時は、半分の法則(下半身)でエントリーしても、上昇が続かず、すぐに下落している印象があります。

日経平均が下がっていても、個別銘柄では上昇しているものもありますが、大きなトレンドに乗ってトレードしたほうが良いのかもしれません。

例えば、日経平均が上昇トレンドの場合は、個別銘柄でも上昇している銘柄を狙う。下落トレンドの場合は、個別銘柄でも下落している銘柄を狙う。

半分の法則(下半身)と逆半分の法則(逆下半身)の両方でエントリーする場合、日経平均が上昇トレンドの場合は、個別銘柄も上昇している銘柄が多いので、半分の法則(下半身)の銘柄を多めにエントリーする。

逆に日経平均が下落トレンドになっている場合は、逆半分の法則(逆下半身)の銘柄を多めにするなど、色々と考えることができます。
 

相場師朗先生の「ショットガン投資法」を一番最初に学ぶのが近道
相場師朗先生のトレード技術の基礎を順序立てて学ぶ
【お試し無料ダウンロード版あり】相場師朗先生のトレード技術を学ぶならこのチャートソフトは必須!

>>株タローが書いた【チャートギャラリー】に関する記事はこちら<<




同じカテゴリーの記事