東急不動産HD[3289]ショットガン投資法:2019年9月17日~9月24日のトレード結果と反省

Date :
Category : トレード結果と反省
Tag : ,
相場師朗先生の「ショットガン投資法」を一番最初に学ぶのが近道
相場師朗先生のトレード技術の基礎を順序立てて学ぶ
【お試し無料ダウンロード版あり】相場師朗先生のトレード技術を学ぶならこのチャートソフトは必須!

>>株タローが書いた【チャートギャラリー】に関する記事はこちら<<


チャートギャラリーをキャプチャして、ペイントで文字入力等しています。

エントリーの根拠

半分の法則(下半身)発生

想定したシナリオ

そのまま上昇(メインシナリオ)

エントリー中の対応

(実際に建玉操作した日)
2019/09/17(火):買いエントリー(寄付成行):200株:675円
2019/09/18(水):買い手仕舞い(寄付成行):100株:686円
2019/09/24(火):買い手仕舞い(逆指値):100株:685円
トレード日数:7日
値幅:+11円(平均)
利益率:+1.56%(平均)
損益:+1,694円(合計)

建玉操作


チャートギャラリーをキャプチャして、ペイントで文字入力等しています。

①半分の法則(下半身)発生:買いエントリー:0-2
②ローソク足が陽線:買い手仕舞い:0-1
③ローソク足が陰線:買い手仕舞い:0-0(逆指値)

日々の検討

(前日のローソク足を見て判断→翌日エントリー)
2019/09/13(金):0-2:買いエントリー:半分の法則(下半身)発生
2019/09/17(火):0-1:買い手仕舞い:ローソク足が陽線
2019/09/18(水):0-1:買い手仕舞い(逆指値)→約定せず:ローソク足が陰線
2019/09/19(木):0-1:継続:ローソク足が陽線
2019/09/20(金):0-0:買い手仕舞い(逆指値)→約定:ローソク足が陰線

反省・気づき

半分の法則(下半身)が発生したので、買いエントリーしました。ショットガン投資法でのトレードです。


チャートギャラリーをキャプチャして、ペイントで文字入力等しています。

ヒューリック[3003]と同じ方法でトレードしてみました。

ヒューリック[3003]ショットガン投資法:2019年9月17日~9月26日のトレード結果と反省

1.買いエントリーした日にローソク足が陽線だったら、翌日の寄付成行で買いエントリーした半分を早々に利益確定する。

2.ローソク足が陰線になったら、翌日の注文を「当日後場のみ」「逆指値」にする。逆指値は前日の終値と同値にする。
 
想定通りのトレードができたと思います。

いつもであれば、9/18(水)の大陰線で、翌日寄付成行で手仕舞いでしたが、翌日の注文を「当日後場のみ」「逆指値」にして、9/19(木)は約定せず、継続することができました。

ただ、「買いエントリーした日にローソク足が陽線だったら、翌日の寄付成行で買いエントリーした半分を早々に利益確定する。」は、もしかしたら、必要ないかもしれません。すぐに利益確定せずに、すべての建玉を持ち続けても良いのかもしれません。

どちらが良いのか、検討しようと思います。
 

相場師朗先生の「ショットガン投資法」を一番最初に学ぶのが近道
相場師朗先生のトレード技術の基礎を順序立てて学ぶ
【お試し無料ダウンロード版あり】相場師朗先生のトレード技術を学ぶならこのチャートソフトは必須!

>>株タローが書いた【チャートギャラリー】に関する記事はこちら<<




同じカテゴリーの記事