JINSで遠近両用メガネを注文しました

Date :
Category : 日記
Tag : ,
相場師朗先生の「ショットガン投資法」を一番最初に学ぶのが近道
相場師朗先生のトレード技術の基礎を順序立てて学ぶ
【お試し無料ダウンロード版あり】相場師朗先生のトレード技術を学ぶならこのチャートソフトは必須!

>>株タローが書いた【チャートギャラリー】に関する記事はこちら<<

文字が小さすぎて見えな~い!

数年前から何となく、近くが見えづらくなってきていたのですが、ここ1年で急に症状が進んだ印象です。

ハズキルーペのCMではありませんが、「文字が小さすぎて見えな~い!」です。

「いつかは、老眼になる・・・」とは思っていましたが、「今か!」って感じです。歳にはかなわないですね。^^;

JINSの遠近レンズがリニューアル



JINSが新しく出来てから、ずっとJINSでメガネを買っているので、今回もJINSで遠近両用メガネを買うことにしました。

JINSでは、2019年2月21日から、従来の遠近レンズに比べて、歪みの少ないレンズにリニューアルされました。

レンズリニューアルのプレスリリース発表が、2019年2月14日。

実は、その日にJINSの店舗に行ったのでした。

店舗に行って、視力検査をする際、店員さんから、「今度、遠近両用レンズがリニューアルされるので、お急ぎでなければ、リニューアルしたレンズの方が良いと思います」とアドバイスを受け、リニューアルしたレンズでメガネを作ることにしました。

ネットで調べてみると、「初めて遠近両用メガネを作ったが、目がクラクラして合わなかった」「遠近両用メガネに慣れるまで1ヶ月以上かかった」など、あまり良いことが書いてありません。

私は、今回が遠近両用メガネデビューなので、なるべく目に負担がかからない方が良いと思っていました。

そんな状況での、レンズリニューアル。タイミングが良かったですね!

2週間前に視力検査をして、先日の休みに、リニューアルしたテスト用レンズをかけてみたのですが、思っていたよりも、大丈夫そうな感じです。たぶん。

店員さんは「以前のレンズよりも、歪みが少なくなっています」とお話されていました。

確かに、視線だけをずらすと、レンズが歪んだ感じになりますが、遠くのものを見る時は、見るものに対して、なるべく顔を正面に向けて見るようにすると良いようです。

手元の小さい文字を見る時は、視線だけ下にずらします。何よりも、近くの小さい文字が見えやすくなったのがイイ!



今使っているメガネで、先日購入したHUAWEI WATCH GTを見ると、小さい文字が見えません。

それが、遠近両用レンズで見ると、ハッキリ見えます。

最近、本を読んでも見づらかったり、手帳の文字が書きづらかったり、小さい文字が見えないのがストレスになっていたので、遠近両用メガネを注文して良かったと思っています。

来週の休みに、注文したメガネを受け取りに行きます。
 

相場師朗先生の「ショットガン投資法」を一番最初に学ぶのが近道
相場師朗先生のトレード技術の基礎を順序立てて学ぶ
【お試し無料ダウンロード版あり】相場師朗先生のトレード技術を学ぶならこのチャートソフトは必須!

>>株タローが書いた【チャートギャラリー】に関する記事はこちら<<




同じカテゴリーの記事