Pythonで相場師朗先生の「くちばし」を検出させるプログラムを作る[2]取得した株価データをチャート表示する

Date :
Category : プログラミング
Tag : , , ,
相場師朗先生の「ショットガン投資法」を一番最初に学ぶのが近道
相場師朗先生のトレード技術の基礎を順序立てて学ぶ
【お試し無料ダウンロード版あり】相場師朗先生のトレード技術を学ぶならこのチャートソフトは必須!


取得した株価データをチャート表示する

[1]株価データを取得する

上記で、株価のデータを取得することが出来るようになりました。

次は、取得したデータを基にローソク足チャートを表示させてみます。

Pythonには、グラフ表示するライブラリが用意されていて、簡単にグラフ表示されることができます。

取得したデータの中から、終値を使ってチャート表示させると下図のようになります。



アウトソーシング[2427]のデータを取得して、終値線のみ表示させてみました。



こちらは、チャートギャラリーで終値線のみ表示させた状態です。

取得した株価データをローソク足チャートとして表示する

先程は、終値をチャート表示させましたが、取得したデータには、始値、終値、安値、高値があります。

これらのデータを使って、ローソク足チャートを表示させます。



ローソク足を表示させた状態。



ローソク足と終値線を表示させた状態。
 

相場師朗先生の「ショットガン投資法」を一番最初に学ぶのが近道
相場師朗先生のトレード技術の基礎を順序立てて学ぶ
【お試し無料ダウンロード版あり】相場師朗先生のトレード技術を学ぶならこのチャートソフトは必須!



同じカテゴリーの記事