Pythonで相場師朗先生の「くちばし」を検出するプログラムを作る[1]株価データを取得する

Date :
Category : プログラミング
Tag : , ,
相場師朗先生の「ショットガン投資法」を一番最初に学ぶのが近道
相場師朗先生のトレード技術の基礎を順序立てて学ぶ
【お試し無料ダウンロード版あり】相場師朗先生のトレード技術を学ぶならこのチャートソフトは必須!


株価データを取得する

Python(パイソン)を使って、「くちばし」を検出させるプログラムを作ります。

まずやらなければならないことは、株価データの取得です。

銘柄コードから、始値、終値、高値、安値、出来高を取得するのが目標です。

実際に株価データを取得する

株価データを掲載しているサイトから、データを取得します。

欲しいデータは、銘柄コード、始値、終値、高値、安値、出来高です。

これらのデータを取得できれば、移動平均線を計算して、くちばしを検出することができます。



今回は、取得した株価データをCSVに保存します。取得データは、左から、日付(Date)、始値(Open)、高値(High)、安値(Low)、終値(Close)、出来高(Volume)です。



CSVファイルは、銘柄コードをファイル名にして保存します。


相場師朗先生の「ショットガン投資法」を一番最初に学ぶのが近道
相場師朗先生のトレード技術の基礎を順序立てて学ぶ
【お試し無料ダウンロード版あり】相場師朗先生のトレード技術を学ぶならこのチャートソフトは必須!



同じカテゴリーの記事