サラリーマンを辞めて、株式やFXの含み損に耐えるために、副業の収入は必須。

投稿日:
カテゴリ:コラム

サラリーマンの安定収入はとても魅力

私はサラリーマンで、毎月会社から給料をもらって生活しています。

副業も行っていますが、それだけで生活できる利益は得られていません。

株式やFXで使っているお金は、今まで貯めてきた貯金で行っています。それほど投資にかけているお金は大きくないので、それが仮にゼロになったとしても、今の生活に支障は出ません。

(実際にゼロになったら、かなり凹むかもしれませんが・・・)

株式以外の収入源を確保することで心の余裕が生まれる

サラリーマンを辞めて資産構築(株式)をメインで生活することになると、今よりも投資にかけている費用は大きくなります。

株価が上がって資産が増えることもありますが、〇〇ショックなどで株価が暴落し、資産が大きく目減りするということも考えられます。と言うか、必ず定期的に起こります。

投資金額が大きくなれば、暴落した時の含み損も大きくなります。その時に、含み損に気持ちが耐えられるのかどうか気になります。

自分の都合で家族の生活水準を下げることは絶対に避けたい

株価が暴落すれば、配当金も減るでしょうから、配当金を生活費のメインに考えている場合は、生活水準を落とさなければならなくなります。

サラリーマンをやっていれば、収入は安定し、生活水準を落とさずに生活できるのに、自分の都合で、サラリーマンを辞めて、配当金が少なくなったからと言って、家族の生活水準を下げることは絶対にしたくありません。

そうならないために、株式などの資産構築に加えて、副業で収入を確保しておきたいと考えています。

複数の収入源を確保して、どれか1つの収入が下がったとしても、他の収入で補填することができて、生活水準を落とさずに生活できるのがベストです。

副業である程度の安定収入が確保できれば、仮に含み損が増えたとしても、「自分には副業の収入がある」ということが心のよりどころになり、精神的なショックも和らげることができるのではと考えています。

株式投資には、たくさんのお金が必要だと思っていませんか?

株は100株購入が一般的ですが、SBIネオモバイル証券なら1株から購入することができます。

例えば、Nintendo Switchを販売している任天堂を100株購入すると6,505,000円ですが、1株なら65,050円で購入できます。ユニクロで有名なファーストリテイリングを100株購入すると9,023,000円ですが、1株なら90,230円で購入できます。

自分の好きな会社、応援したい会社を1株から購入することが可能です。

もちろん、1株1,000円以下の銘柄もあります。

566.2円:Zホールディングス(ヤフー)[4689]
910.0円:清水建設(建設)[1803]
937.1円:日本郵政(郵便)[6178]
576.1円:日産自動車(自動車)[7201]
896.0円:コジマ(家電量販店)[7513]
381.0円:シチズン(時計)[7762]
633.0円:AOKI HD(紳士服)[8214]
590.3円:三菱UFJ銀行(銀行)[8306]
451.4円:りそなHD(銀行)[8308]
574.0円:ヤマダHD(家電量販店)[9831]
※2021年4月16日の株価(終値)

私は日本株をSBIネオモバイル証券で購入しています。「千里の道も一歩から」ではありませんが、毎回、数株ずつコツコツ購入し、着実に資産が増えています。

現在の運用状況はこちらです。

今の目標はコツコツ購入して、100株にして株主優待をもらうことです。配当金をもらえて、さらに株主優待もゲットできれば、家族に喜ばれること間違いなしです!

関連記事


【チャートギャラリー専用】各種銘柄データ

チャートギャラリー用データに最適化しています。ダウンロードしてチャートギャラリーに取り込めばすぐに使えます。

相場師朗先生の「技」銘柄検出データ【営業日毎日更新】

株式各種銘柄データ

株式ランキング銘柄データ【営業日毎日更新】