私が相場師朗氏のうねり取りの勉強を始めたきっかけ

最終更新日:
カテゴリ:コラム
キーワード:

株価は需給バランスで上げ下げを繰り返す。決算が良くても暴落する。

私は、7年前くらいから株式投資を始めて現在に至ります。余剰資金で、FXや投資信託、国債、個別銘柄の株取引をしていました。

FXは、ある方の売買シグナルをメールで受信してトレードしていたのですが、始めてから1年程度で暴落により資金を減らしてしまい、そのシグナルサービス終了と共にやめました。

それ以降は、積立型の投資信託と、気が向いた時に個別銘柄の株取引を繰り返していました。特に意識せず、自己流でトレードしていたら、資金が3倍程度に膨らんでいました。

ただ、今年になって、ある銘柄をトレードしていた時のことです。決算がとても良かったので、買いを増やしたところ、一気に暴落してしまいました。

この暴落で、「いくら決算が良かったとしても、株の需給バランスによって、暴落することもある」ことを学びました。

そして、「株式投資について、きちんと勉強したほうが良い」と痛感しました。

現物買いだけだと資金効率が悪い

株取引は「現物の買い」だけをやっていました。その銘柄は右肩上がりの成長だったので、日経平均が暴落した時に買い、200~300円程度上がったところで手仕舞いしていました。

現物買いの場合は、株価が上昇したときしか利益を出すことができません。1つの銘柄でしかトレードしていなかったので、売買は月に1回程度です。

「上昇の時だけやるのではなく、もっと効率良くやる方法はないか?」と考えるようになりました。株式投資は自己流で素人だったので、空売りのこともよく分かりませんでした。

ネットで色々と調べていくと、「上昇でも下落でも利益を取る方法」が解説されていました。それが「うねり取り」だったのです。さらに調べていくと、相場師朗氏がこの「うねり取り」についての第一人者であることが分かりました。

これが、相場先生の「うねり取り」との出会いでした。

株式投資には、たくさんのお金が必要だと思っていませんか?

株は100株購入が一般的ですが、SBIネオモバイル証券なら1株から購入することができます。

例えば、Nintendo Switchを販売している任天堂を100株購入すると6,505,000円ですが、1株なら65,050円で購入できます。ユニクロで有名なファーストリテイリングを100株購入すると9,023,000円ですが、1株なら90,230円で購入できます。

自分の好きな会社、応援したい会社を1株から購入することが可能です。

もちろん、1株1,000円以下の銘柄もあります。

566.2円:Zホールディングス(ヤフー)[4689]
910.0円:清水建設(建設)[1803]
937.1円:日本郵政(郵便)[6178]
576.1円:日産自動車(自動車)[7201]
896.0円:コジマ(家電量販店)[7513]
381.0円:シチズン(時計)[7762]
633.0円:AOKI HD(紳士服)[8214]
590.3円:三菱UFJ銀行(銀行)[8306]
451.4円:りそなHD(銀行)[8308]
574.0円:ヤマダHD(家電量販店)[9831]
※2021年4月16日の株価(終値)

私は日本株をSBIネオモバイル証券で購入しています。「千里の道も一歩から」ではありませんが、毎回、数株ずつコツコツ購入し、着実に資産が増えています。

現在の運用状況はこちらです。

今の目標はコツコツ購入して、100株にして株主優待をもらうことです。配当金をもらえて、さらに株主優待もゲットできれば、家族に喜ばれること間違いなしです!

関連記事


【チャートギャラリー専用】各種銘柄データ

チャートギャラリー用データに最適化しています。ダウンロードしてチャートギャラリーに取り込めばすぐに使えます。

相場師朗先生の「技」銘柄検出データ【営業日毎日更新】

株式各種銘柄データ

株式ランキング銘柄データ【営業日毎日更新】