時間がある時に勉強しておいたほうが良い。その真意とは?

Date :
Category : 日記
Tag :
相場師朗先生の「ショットガン投資法」を一番最初に学ぶのが近道
相場師朗先生のトレード技術の基礎を順序立てて学ぶ
【お試し無料ダウンロード版あり】相場師朗先生のトレード技術を学ぶならこのチャートソフトは必須!

>>株タローが書いた【チャートギャラリー】に関する記事はこちら<<

15年以上前に言われたことが心の中に残っています

15年以上前のこと。前職で、先輩から言われたことが、今でも心の中に残っています。

その人は、とても仕事ができる人なのですが、朝が弱く、いつも出社はお昼過ぎです。他の人たちよりも実質の仕事時間は少ないのですが、人の何倍もの成果を上げています。

歳と共に自由に使える時間が少なくなる

その人に、「時間のある時に勉強しておいた方が良いよ」と言われました。その時、私は20代後半だったので、その意味がよく分かりませんでした。

しかし、歳を重ねていくについれ、その理由が分かってきました。

自分が若いときは、両親も元気ですが、私が歳を取ると、両親も同じように歳を取っていきます。

両親が歳を取ってくると、病気がちになったり、買物などの移動も大変になり、車で送迎する機会が多くなりました。

そうなると、自分が自由に使える時間が少なくなっていくのです。

自分が自由に使える時間で何をやるか?

1日は24時間ですから、そこから、睡眠時間、サラリーマンであれば勤務時間、家事、食事、家族がいるのであれば、家族のために使う時間。

これらを24時間から引いた残りが、自分が自由に使える時間になります。

「この自由時間を使って、何をやるか?」

これが、自分の将来を決定づけるのだと思います。

普段意識しないと、時間は無限にあると思いがちです。しかし、こうやって計算してみると、自分が自由に使える時間は少ないことを思い知らされます。
 

相場師朗先生の「ショットガン投資法」を一番最初に学ぶのが近道
相場師朗先生のトレード技術の基礎を順序立てて学ぶ
【お試し無料ダウンロード版あり】相場師朗先生のトレード技術を学ぶならこのチャートソフトは必須!

>>株タローが書いた【チャートギャラリー】に関する記事はこちら<<




同じカテゴリーの記事