エントリーポイントの検出プログラムを作って、以前よりチャートを深く見るようになりました。

Date :
Category : コラム
Tag :
相場師朗先生の「ショットガン投資法」を一番最初に学ぶのが近道
相場師朗先生のトレード技術の基礎を順序立てて学ぶ
【お試し無料ダウンロード版あり】相場師朗先生のトレード技術を学ぶならこのチャートソフトは必須!

>>株タローが書いた【チャートギャラリー】に関する記事はこちら<<

チャートをより深く見るようになりました

現在、Python(パイソン)を使ってエントリーポイントを検出するプログラムを作っていますが、以前よりチャートを細かく深く見るようになりました。

以前は、チャートをさらっと見ている感じでしたが、プログラムを作りながら、移動平均線の傾きを計算するために、チャートギャラリーに表示される移動平均の値を細かくチェックしたり、移動平均線がクロスするときの角度などを細かく見るようになりました。

JPX400や日経225の銘柄を全てチェックすることも練習の一環と言えますが、サラリーマンで時間に制限がある身としては、なるべく効率的に銘柄チェックをやりたい。

そのため、候補となる銘柄のピックアップはプログラムを活用し、その中から実際にエントリーする銘柄を時間をかけて精査する。

今のところは、このような形で進めていきたいと思っています。
 

相場師朗先生の「ショットガン投資法」を一番最初に学ぶのが近道
相場師朗先生のトレード技術の基礎を順序立てて学ぶ
【お試し無料ダウンロード版あり】相場師朗先生のトレード技術を学ぶならこのチャートソフトは必須!

>>株タローが書いた【チャートギャラリー】に関する記事はこちら<<




同じカテゴリーの記事