プログラムのリアルタイム検証の反省について

Date :
Category : プログラミング
Tag :
相場師朗先生の「ショットガン投資法」を一番最初に学ぶのが近道
相場師朗先生のトレード技術の基礎を順序立てて学ぶ
【お試し無料ダウンロード版あり】相場師朗先生のトレード技術を学ぶならこのチャートソフトは必須!

手仕舞い銘柄の反省について

リアルタイムでテスト検証している銘柄ですが、いくつか損切りして手仕舞っている銘柄があります。

今のところ、損切りのみ・・・^^;

テストとは言え、やりっ放しではもったいないですよね。

利益が出た場合は、事前の予想通りの動きをしたことになりますが、半分の法則(下半身)で買いエントリーして、損切りするということは、予想に反して下落したことになります。

損失が発生すると言うことは、自分の予想が外れている訳ですから、「なぜ、損失が発生したのか?」を検証することはとても重要です。

さらに、継続的にチェックすることで、「そのまま下落していくのか?」「反転して再び上昇していくのか?」を追跡していきます。

そのまま下落した場合は、その銘柄については見送りしますが、「再び上昇した場合、再エントリーしたほうが良いのか?」は、自分にとって興味がある部分です。

再エントリーの可否についても考えていきたいと思います。
 

相場師朗先生の「ショットガン投資法」を一番最初に学ぶのが近道
相場師朗先生のトレード技術の基礎を順序立てて学ぶ
【お試し無料ダウンロード版あり】相場師朗先生のトレード技術を学ぶならこのチャートソフトは必須!

オススメ関連記事


同じカテゴリーの記事


同じカテゴリーの記事