半分の法則で買いエントリーしてからのストーリー検証[3]

Date :
Category : トレード研究
Tag : , ,
【相場師朗先生の最新教材】まずはショットガン投資法から学ぶのが利益を得るための近道
【新教材】相場先生のトレード技術を系統立てて学びたい人に最適な教材
【お試し無料ダウンロード版あり】相場先生のトレード技術を学ぶならこのチャートソフトは必須!

「半分の法則」箇所:日本精工[6471]2018/1/4~2018/4/27



「半分の法則」で買いエントリーしてからのストーリー検証をしています。

赤い丸印がついている箇所が、「半分の法則」のエントリーポイントです。

今回は、3(2018/3/12)のトレードについて検証していきます。

※厳密に言うと「半分の法則」になっていませんが、色々なパターンで検証しています。

今までの検証結果は下記になります。

半分の法則で買いエントリーしてからのストーリー検証[1]
半分の法則で買いエントリーしてからのストーリー検証[2]

【検証3】日本精工[6471]2018/3/12



①半分の法則:買いエントリー:0-1(100株単位)
②5日線と20日線の間で陰線:ヘッジの売りを追加:1-1
③完全に5日線を陰線で割り込んだ:買いを切って売りを追加:2-0
⑤陽線で反転:売り手仕舞い:0-0

最終損益:6,300円(利益)

考察



半分の法則で買いを入れましたが、すでにローソク足が20日線に近いところでした。

そのまま上昇する可能性もありましたが、翌日陽線で横ばいとなり、翌々日は上ヒゲ陰線となり、売りヘッジをいれて建玉をスクエアとしました。

その後、ローソク足が陰線で5日線を完全に割り込んだので下落と判断、買いを切って、売りを追加しました。

移動平均線の形としては、5日線と20日線の「ものわかれ」となりました。

手仕舞いタイミングは、陽線が出たところにしました。結果的には、翌日の陰線で手仕舞いと判断して、翌々日の寄付きで手仕舞えば、さらに利益を確保することもできましたが、深追いできませんでした。

【相場師朗先生の最新教材】まずはショットガン投資法から学ぶのが利益を得るための近道
【新教材】相場先生のトレード技術を系統立てて学びたい人に最適な教材
【お試し無料ダウンロード版あり】相場先生のトレード技術を学ぶならこのチャートソフトは必須!

オススメ関連記事


同じカテゴリーの記事


同じカテゴリーの記事