エントリーからの日数で手仕舞いタイミングを変える

Date :
Category : コラム
Tag :
相場師朗先生の「ショットガン投資法」を一番最初に学ぶのが近道
相場師朗先生のトレード技術の基礎を順序立てて学ぶ
【お試し無料ダウンロード版あり】相場師朗先生のトレード技術を学ぶならこのチャートソフトは必須!

半分の法則(下半身)の手仕舞いについて

半分の法則(下半身)で買いエントリー後、手仕舞いするタイミングですが、エントリーしてからの日数で手仕舞いタイミングを変えています。

エントリー日から2日目(営業日)まで(エントリー日含まず)は、2日移動平均線が3日移動平均線を割り込んだら手仕舞いします。

3日目以降は、2日移動平均線が4日移動平均線を割り込んだら手仕舞いします。

なぜ、手仕舞いのタイミングを変えているのかと言うと、エントリー直後は、利益が出ていないため、ちょっとした下落が即損失につながるためです。そのため、手仕舞いタイミングを厳しくしています。

一方、エントリーから日数が経過すると、ある程度利益が出ている場合が多いので、手仕舞いタイミングを緩くしています。

手仕舞いの原則は上記なのですが、裁量で「陽線でも上ヒゲが続いた」「横ばいが続いた」場合、手仕舞いすることもあります。
 

相場師朗先生の「ショットガン投資法」を一番最初に学ぶのが近道
相場師朗先生のトレード技術の基礎を順序立てて学ぶ
【お試し無料ダウンロード版あり】相場師朗先生のトレード技術を学ぶならこのチャートソフトは必須!



同じカテゴリーの記事