半分の法則(下半身)検出プログラムの修正[3]またまた戦略の練り直し

Date :
Category : プログラミング
Tag :
相場師朗先生の「ショットガン投資法」を一番最初に学ぶのが近道
相場師朗先生のトレード技術の基礎を順序立てて学ぶ
【お試し無料ダウンロード版あり】相場師朗先生のトレード技術を学ぶならこのチャートソフトは必須!

>>株タローが書いた【チャートギャラリー】に関する記事はこちら<<

もう一度原点に戻ってエントリー条件を検討します

なかなか勝率の高い条件を見つけることができず、苦労しています。

しかし、そう簡単にできるとは思っていないので、検証を繰り返していくしかないですね。

今回は、もう一度原点に戻って(原点に戻るの何度目・・・^^;)、考えていきたいと思います。

半分の法則(下半身)のエントリー条件を見直します

下記の条件で、半分の法則(下半身)を検出しています。

1.陽線である
2.ローソク足が陽線で体半分以上、5日線の上に抜ける
  ローソク足が5日線を踏んでいる 、もしくは、ローソク足が5日線を完全に越える
3.「半分の法則(下半身)」発生前、ローソク足は5日線下で推移している
  半分の法則(下半身)の1日前及び2日前、2日線が5日線の下に推移している状態
4.陽線が2日連続で続いた
  半分の法則(下半身)のローソク足と前日のローソク足が2日連続陽線

半分の法則(下半身)の検出について、上記「1.陽線である」及び「2.ローソク足が陽線で体半分以上、5日線の上に抜ける」については、相場師朗先生の書籍に記載されています。

「下半身」とは、それまで5日線の下にあったローソク足が陽線で体半分以上、5日線の上に勢いよく抜けた状態のことをいいます。

「儲ける力が身につく! 相場師朗式 一生モノの株ドリル」より引用


上記「3.半分の法則(下半身)発生前、ローソク足は5日線下で推移している」及び、「4.陽線が2日連続で続いた」については、私自身で付け加えた条件となります。

「1.陽線である」及び「2.ローソク足が陽線で体半分以上、5日線の上に抜ける」については、半分の法則(下半身)で、揺るぎない条件です。

しかしながら、私が付け加えた条件、「3.半分の法則(下半身)発生前、ローソク足は5日線下で推移している」「4.陽線が2日連続で続いた」について、疑問を持つようになりました。

上記の条件で勝率が上がらないため、もう一度原点に戻って、半分の法則(下半身)のエントリー条件について考え直すことにしました。

まずは、チャートリーディングを行って、理想とするエントリーポイントはどこなのかをチェックしていきます。

そのエントリーポイントを詳細にチェックしていくことで、半分の法則(下半身)で加える条件を検討していきたいと考えています。
 

相場師朗先生の「ショットガン投資法」を一番最初に学ぶのが近道
相場師朗先生のトレード技術の基礎を順序立てて学ぶ
【お試し無料ダウンロード版あり】相場師朗先生のトレード技術を学ぶならこのチャートソフトは必須!

>>株タローが書いた【チャートギャラリー】に関する記事はこちら<<




同じカテゴリーの記事