自動売買のメリットは自分の意志に関係なく淡々とトレードしてくれること。100万円の損切り失敗を経験して。

投稿日:
カテゴリ:コラム
キーワード:,

自動売買は自分の意志と関係なくトレードしてくれる

現在、auカブコム証券の信用ロボアドとFXの自動売買を行っています。自動売買のメリットは自分の意志に関係なく淡々とトレードしてくれることです。

裁量トレードだと、当然ですが、自分の思考がトレードに反映されます。

あらかじめ決めたトレード基準でトレードできれば良いのですが、時に自分に都合の良い判断をしてしまい、「もっと利益が取れたのに早く利確してしまう」「もっと早く損切りしていれば、損が大きくならなくて済んだ」という失敗をしてしまうことがあります。

また、大きな含み損で心が動揺して、冷静な判断ができなくなることもあります。

FXの自動売買で100万円を超える損切り



FXの自動売買を2020年7月から運用しているのですが、2020年12月に大失敗してしまったことがあります。

その日はちょうど会社が休みで、トレードの経過をリアルタイムでチェックしていました。

私が利用している自動売買システムは逆張りタイプのシステムで、ドンドン含み損が増えていきました。

そして、含み損が100万円を超えて、さらに損失が大きくなっていきました。その時、100万円を超える損失にビビってしまい、自分で手仕舞いしてしまいました。

しかし、自分で手仕舞いしなければ、15分後に利益確定されていたのです。もし、利益確定していれば、1回のトレードで20万円以上の利益となっていました。

投資に「もし・・・していれば・・・」は、ない。

5ヶ月間、コツコツ積み上げた利益が1回のトレードで失われることになりました。

投資に「もし・・・していれば・・・」はありませんが、もし、途中で手仕舞いせずに、自動売買を動かしていれば、100万円を失うことなく、さらに20万円以上の利益を手にしていたのです。

同じ失敗を繰り返さないために

余剰資金でトレードしていますが、いざ損をするとなると、どうしても割り切れない気持ちがあります。

今回の損切りは、大きな含み損で、心が動揺し、冷静な判断ができなくなり、ただ損がしたくないという思いが強くなっていました。

このような失敗を繰り返さないためには、「含み損で心が動揺しない範囲で投資を行う」「高Lotでトレードしない」「損切り額を事前に設定しておく」必要があると感じています。

関連記事