日本個別株の購入はSBIネオモバイル証券を利用しています。1株単位で購入できて小資金の分散投資が可能。

最終更新日:
カテゴリ:日本個別株
キーワード:


SBIネオモバイル証券を利用することで、小資金での分散投資が可能になる

日本個別株の購入は、SBIネオモバイル証券を利用しています。なぜ、SBIネオモバイル証券を利用しているのかというと、少額の費用で株が購入できるからです。

以前は100株単位で株を購入していました。

株価が1,000円なら、100株100,000円で購入できますが、株価が5,000円以上になると、100株500,000円以上となり、小資金での投資となると、簡単に購入することができません。

理想は、「複数の銘柄、複数の業種に分散投資すること」ですが、それがなかなかできませんでした。

SBIネオモバイル証券を利用することで、それが可能になります。

例えば、1株3,000の株を100株購入するとなると約300,000円必要なりますが、1株なら約3,000円です。

この金額であれば、私の理想とする、「複数の銘柄、複数の業種に分散投資すること」が、小資金でも可能になります。

初めて株式投資をするなら少額で始めるのが最適

毎日、株の値動きを見ていると分かりますが、銘柄によっては1日で10%以上下落することも少なくありません。

例えば、100株500,000円の銘柄を保有していたとして、1日で10%下落すると-50,000円の損失です。

初めて株式投資をするには、この下落は結構なストレスになります。

一方、SBIネオモバイル証券だと、1株単位で購入できます。先程の例を考えてみると、1株5,000円となりますので、1日10%下落しても、損失は-500円で済みます。

1株1,000円の銘柄であれば、1日10%下落で-100円の損失です。

これなら、お試し感覚で購入することができるのではないでしょうか?

少額投資をすることで損失に対するメンタルを鍛える

株式に限らず、何らかの投資をする時に、必ず考えておかなければならないことがあります。

それは、「損失(含み損)に対するメンタルを鍛える」ことです。

以前、ある銘柄を約3,000,000円分購入していたのですが、暴落で株価が半分(約1,500,000円)になってしまったことがあります。

私はサラリーマンなのですが、株価が気になって、仕事が手につかなくなったことがあります。

その銘柄は、1年以上塩漬けの状態が続き、その後上昇して、数万円の利益が出たタイミングで売却することができました。

「仕事が手につかなくなるほどの含み損」ということは、身の丈を上回る投資をしていることになります。

そうならないためには、最初は少額で株を購入し、少しずつ金額を増やして、「自分はどこまでの損失(含み損)に耐えられるのか?」を確認していきます。

この確認作業をしていくためには、少額で株が購入できるSBIネオモバイル証券が適していると考えています。

株式投資には、たくさんのお金が必要だと思っていませんか?

株は100株購入が一般的ですが、SBIネオモバイル証券なら1株から購入することができます。

例えば、Nintendo Switchを販売している任天堂を100株購入すると6,505,000円ですが、1株なら65,050円で購入できます。ユニクロで有名なファーストリテイリングを100株購入すると9,023,000円ですが、1株なら90,230円で購入できます。

自分の好きな会社、応援したい会社を1株から購入することが可能です。

もちろん、1株1,000円以下の銘柄もあります。

566.2円:Zホールディングス(ヤフー)[4689]
910.0円:清水建設(建設)[1803]
937.1円:日本郵政(郵便)[6178]
576.1円:日産自動車(自動車)[7201]
896.0円:コジマ(家電量販店)[7513]
381.0円:シチズン(時計)[7762]
633.0円:AOKI HD(紳士服)[8214]
590.3円:三菱UFJ銀行(銀行)[8306]
451.4円:りそなHD(銀行)[8308]
574.0円:ヤマダHD(家電量販店)[9831]
※2021年4月16日の株価(終値)

私は日本株SBIネオモバイル証券で購入しています。「千里の道も一歩から」ではありませんが、毎回、数株ずつコツコツ購入し、着実に資産が増えています。

現在の運用状況はこちらです。

今の目標はコツコツ購入して、100株にして株主優待をもらうことです。配当金をもらえて、さらに株主優待もゲットできれば、家族に喜ばれること間違いなしです!

関連記事


【チャートギャラリー専用】各種銘柄データ

チャートギャラリー用データに最適化しています。ダウンロードしてチャートギャラリーに取り込めばすぐに使えます。

相場師朗先生の「技」銘柄検出データ【営業日毎日更新】

株式各種銘柄データ

株式ランキング銘柄データ【営業日毎日更新】