相場先生のうねり取りを知ってから今までの勉強スタイル、銘柄チェック方法

最終更新日:
カテゴリ:コラム
キーワード:, , ,

勉強方法について

私が相場先生の「うねり取り」を知ったのは2016年7月。

最初は、ラジオNIKKEI「相場師朗の株塾」と、2016年7月に発売された書籍「株は技術だ!」で勉強を始めました。

その次に、「7step株式投資メソッド」を購入して勉強。

ラジオNIKKEI「相場師朗の株塾」の課外授業では、実際にチャートを見ながら相場先生が解説してくれるのですが、解説してくれた銘柄を印刷して、エントリーポイントをメモして、そのポイントと似た銘柄を見つけて実トレードをしています。

2016年11月に相場チャートを利用開始。

相場チャートは、相場先生仕様のチャートが使えるのと、シミュレーショントレードが出来ます。

建玉の操作をすることによる損益計算も出来るので、どのような建玉操作をすると、どのくらいの損益が出るのかが分かります。

相場チャートには、利用者限定のプレミアム動画が公開されているので、この動画を観てエントリーポイントを勉強し、それも加えてエントリー銘柄を選んでいます。

エントリー銘柄の探し方

エントリー銘柄は、日経225とJPX400の銘柄を全てチェックしています。さらに、TRADER’S WEBのサイトを利用して、銘柄をスクリーニングしています。

TRADER’S WEBのサイトでは、東証一部銘柄で株価800~4,000円程度、出来高30万株以上の銘柄をスクリーニングし、下落率、上昇率の高い銘柄を選んでいます。

この銘柄コードをチャートギャラリーに取り込んで、エントリーポイントがあるかをチェックしています。

銘柄チェックは相場チャートでもできますが、相場チャートはWEBベースのサービスで、若干表示速度が遅いです。

一方、チャートギャラリーはPCインストール型で、動作も軽くサクサク動くので、たくさんの銘柄をチェックするには、チャートギャラリーのほうが良いです。

値がさ株は、値動きが大きいため、ストーリー通りになれば利益が大きくなりますが、反面、損失も大きくなってしまうので、今のところはトレードしないようにしています。

株式投資には、たくさんのお金が必要だと思っていませんか?

株は100株購入が一般的ですが、SBIネオモバイル証券なら1株から購入することができます。

例えば、Nintendo Switchを販売している任天堂を100株購入すると6,505,000円ですが、1株なら65,050円で購入できます。ユニクロで有名なファーストリテイリングを100株購入すると9,023,000円ですが、1株なら90,230円で購入できます。

自分の好きな会社、応援したい会社を1株から購入することが可能です。

もちろん、1株1,000円以下の銘柄もあります。

566.2円:Zホールディングス(ヤフー)[4689]
910.0円:清水建設(建設)[1803]
937.1円:日本郵政(郵便)[6178]
576.1円:日産自動車(自動車)[7201]
896.0円:コジマ(家電量販店)[7513]
381.0円:シチズン(時計)[7762]
633.0円:AOKI HD(紳士服)[8214]
590.3円:三菱UFJ銀行(銀行)[8306]
451.4円:りそなHD(銀行)[8308]
574.0円:ヤマダHD(家電量販店)[9831]
※2021年4月16日の株価(終値)

私は日本株をSBIネオモバイル証券で購入しています。「千里の道も一歩から」ではありませんが、毎回、数株ずつコツコツ購入し、着実に資産が増えています。

現在の運用状況はこちらです。

今の目標はコツコツ購入して、100株にして株主優待をもらうことです。配当金をもらえて、さらに株主優待もゲットできれば、家族に喜ばれること間違いなしです!

関連記事


【チャートギャラリー専用】各種銘柄データ

チャートギャラリー用データに最適化しています。ダウンロードしてチャートギャラリーに取り込めばすぐに使えます。

相場師朗先生の「技」銘柄検出データ【営業日毎日更新】

株式各種銘柄データ

株式ランキング銘柄データ【営業日毎日更新】