配当利回りが自分の目標以上なら、平均購入単価が上がってしまっても購入する。

最終更新日:
カテゴリ:コラム

現在の投資方法

現在、下記の方法で投資を行っています。

1.FX自動売買(XM TRADING
2.信用ロボアド(auカブコム証券)
3.米国株ETF(SBI証券
4.米国個別株(SBI証券
5.日本個別株(SBIネオモバイル証券
6.つみたてNISA(楽天証券)

個別株(米国・日本)の選定に時間がかかっている

FX自動売買、信用ロボアド、米国株ETF、つみたてNISAには、ほとんど時間をかけておらず、ほったらかし状態です。

これらについては、時間をかけていないにもかかわらず、着実に資産が積み上がっています。米国株ETFについては、少しずつですが配当金も増えています。

一方、個別株(米国・日本)の選定には時間がかかっています。しかも、購入のルールが明確に定まっていないため、時間をかけているのに、購入できていません。

個別株は値上り益(キャピタルゲイン)ではなく、配当益(インカムゲイン)を狙っています。

※購入後、株価が値上りして配当利回りが想定よりも下がったら売却することも考えています。

平均購入単価が上がることに抵抗がある

銘柄選定時には、必ずチャートを見るのですが、「せっかく前回安く買ったのに、今回買ったら、確実に購入平均単価が上がってしまう・・・」

平均購入単価が上がってしまことに、抵抗があるのです。

しかしながら、米国株ETF[HDV・SPYD・VYM]は上昇傾向で、定期購入時に平均購入単価は上がっているのですが、あまり気になっていません・・・半強制的に定期積立しているので、気が付いたら購入しているといった印象です。

配当利回りが自分の目標以上なら、平均購入単価が上がってしまっても購入する

今考えているのは、「米国株ETFのように定期的に購入してしまう」ことです。

個別株(米国・日本)については、配当利回りが5%以上で購入することを目標にしています。配当利回りが自分の目標としている5%以上になっていたら、チャートの形に関係なく購入する。

平均取得単価が上がってしまうこともありますが、自分の目標以上の配当利回りなら、目的は達成している訳ですから、それでOKなのです。

理想を追求しすぎて、あまり細かく管理しすぎるのも、いけないのかもしれませんね。

株式投資には、たくさんのお金が必要だと思っていませんか?

株は100株購入が一般的ですが、SBIネオモバイル証券なら1株から購入することができます。

例えば、Nintendo Switchを販売している任天堂を100株購入すると6,505,000円ですが、1株なら65,050円で購入できます。ユニクロで有名なファーストリテイリングを100株購入すると9,023,000円ですが、1株なら90,230円で購入できます。

自分の好きな会社、応援したい会社を1株から購入することが可能です。

もちろん、1株1,000円以下の銘柄もあります。

566.2円:Zホールディングス(ヤフー)[4689]
910.0円:清水建設(建設)[1803]
937.1円:日本郵政(郵便)[6178]
576.1円:日産自動車(自動車)[7201]
896.0円:コジマ(家電量販店)[7513]
381.0円:シチズン(時計)[7762]
633.0円:AOKI HD(紳士服)[8214]
590.3円:三菱UFJ銀行(銀行)[8306]
451.4円:りそなHD(銀行)[8308]
574.0円:ヤマダHD(家電量販店)[9831]
※2021年4月16日の株価(終値)

私は日本株をSBIネオモバイル証券で購入しています。「千里の道も一歩から」ではありませんが、毎回、数株ずつコツコツ購入し、着実に資産が増えています。

現在の運用状況はこちらです。

今の目標はコツコツ購入して、100株にして株主優待をもらうことです。配当金をもらえて、さらに株主優待もゲットできれば、家族に喜ばれること間違いなしです!

関連記事


【チャートギャラリー専用】各種銘柄データ

チャートギャラリー用データに最適化しています。ダウンロードしてチャートギャラリーに取り込めばすぐに使えます。

相場師朗先生の「技」銘柄検出データ【営業日毎日更新】

株式各種銘柄データ

株式ランキング銘柄データ【営業日毎日更新】