Pythonで相場師朗先生の「半分の法則(下半身)」を検出させるプログラムを作る[1]半分の法則(下半身)を数式で表してみる

Date :
Category : プログラミング
Tag : , ,
相場師朗先生の「ショットガン投資法」を一番最初に学ぶのが近道
相場師朗先生のトレード技術の基礎を順序立てて学ぶ
【お試し無料ダウンロード版あり】相場師朗先生のトレード技術を学ぶならこのチャートソフトは必須!

半分の法則(下半身)は一番重要な技

相場師朗先生のトレード技術で、一番重要なのが「半分の法則(下半身)」だと考えています。

相場師朗先生の新刊「儲ける力が身につく! 相場師朗式 一生モノの株ドリル」でも、一番最初に紹介されているのが、「半分の法則(下半身)」です。

一番最初に紹介されていると言うことは、相場先生のトレード技術を勉強する時、一番最初に覚えるべき技と言うことになりますね。

今回は、「半分の法則(下半身)」を検出するためのプログラムを作ります。

「半分の法則(下半身)」とは?



「半分の法則(下半身)」とは、「儲ける力が身につく! 相場師朗式 一生モノの株ドリル」に下記のように書かれています。

「下半身」とは、それまで5日線の下にあったローソク足が陽線で体半分以上、5日線の上に勢いよく抜けた状態のことをいいます。

「儲ける力が身につく! 相場師朗式 一生モノの株ドリル」より引用


「半分の法則(下半身)」を検出させるための条件

「半分の法則(下半身)」を検出させるためには、いくつかの条件があります。

1.陽線である
2.ローソク足が陽線で体半分以上、5日線の上に抜ける
 ①ローソク足が5日線を踏んでいる
 ②ローソク足が5日線を完全に越える
3.「半分の法則(下半身)」発生前、ローソク足は5日線下で推移している

※厳密に言うと、上記以外にも条件がありますが、今回はこれで考えてみます。

1.陽線であること


陽線とは、始値に比べて終値が高い状態を言います。上図のようになります(上ヒゲ、下ヒゲは省略します)

陽線を数式で表すと下記のようになります。

Close > Open

※始値はOpen、終値はClose

2-①ローソク足が5日線を踏んでいる


「ローソク足が5日線を踏んでいる」状態とは、上図のようになります。

数式で表すと下記になります。

(Close – Open) / (sma5 – Open) >= 2

※sma5は、5日移動平均の値になります。
※ローソク足のちょうど中心に5日移動平均がある場合も、「ローソク足が陽線で体半分以上、5日線の上に抜ける」と判断します。

2-②ローソク足が5日線を完全に越える


「半分の法則(下半身)」は、「ローソク足が5日線を踏んでいる」だけでなく、「ローソク足が5日線を完全に越える」も当てはまります。

「ローソク足が5日線を完全に越える」状態とは、上図のようになります。

数式で表すと下記になります。

Open >= sma5

※始値(Open)と5日移動平均(sma5)の値が同じ場合も越えたと判断します。

3.「半分の法則(下半身)」発生前、ローソク足は5日線下で推移している



「半分の法則(下半身)発生前、ローソク足は5日線下で推移している」状態とは、上図となります。

「5日線の下でローソク足が推移している」については、色々な表現方法があると思うのですが、今回は便宜上、終値線が5日線の下にある状態で考えてみます。

あと、「どのくらいの期間、ローソク足が5日線の下で推移するのか」と言う点については、2日間で考えてみます。

※「終値線が5日線の下に2日間推移している状態」については、終値線を使うべきなのか、期間は2日間で良いのか、検証が必要であると考えています。そのため、今後、パラメーターの値を変更する場合があります。

※【2019/1/12追記】終値線から2日線に変更しました。

数式で表すと下記になります。

2日前:sma5 > sma1
1日前:sma5 > sma1
今 日:sma5 < sma1

※sma5は5日移動平均の値、sma1は終値になります。
 

相場師朗先生の「ショットガン投資法」を一番最初に学ぶのが近道
相場師朗先生のトレード技術の基礎を順序立てて学ぶ
【お試し無料ダウンロード版あり】相場師朗先生のトレード技術を学ぶならこのチャートソフトは必須!



同じカテゴリーの記事