建玉操作で迷っているなら、潔く手仕舞った方が良い

投稿日:
カテゴリ:コラム
キーワード:, ,

「下落」を狙っている時の「横ばい」



現在、「半分の法則で一旦上昇した後、下落する」シナリオでトレードしています。

メインシナリオは下落なのですが、一方で上昇するシナリオもあります。

今、建玉操作で迷っているのが、上記以外のシナリオ「横ばい」です。



特に、JSR[4185]は横ばいが続いています。

3日・5日・10日の移動平均線が集中して、方向感がなくなっています。

建玉操作の判断に迷うことはシナリオが描けていない



「半分の法則で買いエントリーした後、陰線が出たら売りを追加していく。そして、ローソク足が5日線を陰線で割り込んだら、買いを切って、売りを追加し、下落を狙っていく。」

この部分については、建玉操作で迷うことはありません。なぜなら、何度も練習して、想定したシナリオ通りに株価が推移しているからです。

しかし、建玉操作で迷うことがあります。

「どのように建玉操作すればよいか判断に迷っている」と言うことは、以降のシナリオが描けていないと言うことになります。

練習不足と言うこともありますが・・・^^;

特に、「横ばい」が続いている場合は、ローソク足が、5日線を踏んで、上に行ったり、下に行ったりします。

その度に、建玉操作していたら、損失が膨らむばかりです。

相場師朗先生がいつもおっしゃっている「右往左往」です。

今回のJSR[4185]がそうですが、上昇や下落を狙っている時に、横ばいが続いてしまっている場合は、潔く手仕舞ってしまったほうが良いのでは・・・と考えています。

個別銘柄で上昇・下落している銘柄は、他にもたくさんある訳ですから、横ばいの銘柄をいつまでも保有しているより、手仕舞って、次の銘柄に移った方が、資金効率が良くなります。

場合によっては損失となることもありますが、潔く手仕舞って、次の銘柄を探してエントリーしたほうが良いかもしれません。

株式投資には、たくさんのお金が必要だと思っていませんか?

株は100株購入が一般的ですが、SBIネオモバイル証券なら1株から購入することができます。

例えば、Nintendo Switchを販売している任天堂を100株購入すると6,505,000円ですが、1株なら65,050円で購入できます。ユニクロで有名なファーストリテイリングを100株購入すると9,023,000円ですが、1株なら90,230円で購入できます。

自分の好きな会社、応援したい会社を1株から購入することが可能です。

もちろん、1株1,000円以下の銘柄もあります。

566.2円:Zホールディングス(ヤフー)[4689]
910.0円:清水建設(建設)[1803]
937.1円:日本郵政(郵便)[6178]
576.1円:日産自動車(自動車)[7201]
896.0円:コジマ(家電量販店)[7513]
381.0円:シチズン(時計)[7762]
633.0円:AOKI HD(紳士服)[8214]
590.3円:三菱UFJ銀行(銀行)[8306]
451.4円:りそなHD(銀行)[8308]
574.0円:ヤマダHD(家電量販店)[9831]
※2021年4月16日の株価(終値)

私は日本株をSBIネオモバイル証券で購入しています。「千里の道も一歩から」ではありませんが、毎回、数株ずつコツコツ購入し、着実に資産が増えています。

現在の運用状況はこちらです。

今の目標はコツコツ購入して、100株にして株主優待をもらうことです。配当金をもらえて、さらに株主優待もゲットできれば、家族に喜ばれること間違いなしです!

関連記事


【チャートギャラリー専用】各種銘柄データ

チャートギャラリー用データに最適化しています。ダウンロードしてチャートギャラリーに取り込めばすぐに使えます。

相場師朗先生の「技」銘柄検出データ【営業日毎日更新】

株式各種銘柄データ

株式ランキング銘柄データ【営業日毎日更新】