チャートギャラリーで移動平均線の太さを変更する方法

最終更新日:
カテゴリ:チャートギャラリーの使い方
キーワード:

相場師朗先生は5日線と20日線を他の移動平均線よりも太く表示している


相場師朗先生の場合、移動平均線は3日線、5日線、10日線、20日線、60日線、100日線、300日線の7本を使います。

※2018年5月29日の「ラジオNIKKEIの株塾」で、新たに3日線、10日線の移動平均線が追加されました。

さすがに、7本の移動平均線を表示されると、「ちょっと分かりづらいかな・・・」と思われると思います。



2018年5月29日放送の「ラジオNIKKEIの株塾」を観ると、5日線と20日線は他の移動平均線よりも太くなっています。これならば、分かりやすくなりますね。

移動平均線の太さを変える方法

チャートギャラリーで移動平均線の太さを変える方法は下記になります。



今回は、5日移動平均線の太さを太くします。まず、5日移動平均線を左クリックします。



5日移動平均線を選択したまま、右クリックして「設定」を左クリックします。



幅を「4」にして、「OK」を左クリックします。



5日移動平均線の太さが太くなりました。

上図では、20日移動平均線も太くしてみましたが、この方が全体のチャートを見た時に分かりやすくなると思います。
 
 

たくさんの銘柄を快適にチェックするなら
パンローリングのチャートギャラリーがおすすめ!

・製品版を購入すれば最新の株価データをずっと無料でダウンロード可能
・買い切りソフトなので毎月の利用料を支払う必要はなし
・最新データをダウンロードしておけば、ネットに繋がっていなくても利用可能
・銘柄の切り替えが早いので、たくさんの銘柄をチェックするのに便利
・約30年分のデータを閲覧可能、思う存分トレードの勉強ができる
・相場師朗先生のトレード技術を勉強するなら必須のチャートソフト

 無料お試し版はこちらから

チャートギャラリー徹底解説

チャートギャラリーをおすすめする理由

チャートギャラリーのインストール方法

チャートギャラリーの使い方

チャートギャラリーの便利な使い方


関連記事

チャートギャラリー徹底解説

チャートギャラリーをおすすめする理由

チャートギャラリーのインストール方法

チャートギャラリーの使い方

チャートギャラリーの便利な使い方



【チャートギャラリー専用】各種銘柄データ

チャートギャラリー用データに最適化しています。ダウンロードしてチャートギャラリーに取り込めばすぐに使えます。

相場師朗先生の「技」銘柄検出データ【営業日毎日更新】

株式各種銘柄データ

株式ランキング銘柄データ【営業日毎日更新】