チャートギャラリーで移動平均線を追加する方法

最終更新日:
カテゴリ:チャートギャラリーの使い方
キーワード:

相場師朗先生は3日線、5日線、10日線、20日線、60日線、100日線、300日線の7本の移動平均線を使用

通常、移動平均線と言うと、5日線(短期)、25日線(中期)、75日線(長期)の3本が表示されているチャートがほとんどです。



相場師朗先生の場合、移動平均線は3日線、5日線、10日線、20日線、60日線、100日線、300日線の7本を使います。

※2018年5月29日の「ラジオNIKKEIの株塾」で、新たに3日線、10日線の移動平均線が追加されました。

そのため、相場師朗先生のトレード技術を勉強するのであれば、相場師朗先生仕様に変更する必要があります。

今回は、チャートギャラリーで移動平均線を追加する方法を紹介致します。

移動平均線を追加する方法

チャートギャラリーに表示されている移動平均線の数が7本になっていない場合は、移動平均線を追加する作業が必要になります。



ローソク足(ここでは日本精工と表示されている部分)を左クリックして選択。



ローソク足を選択した状態で右クリックして「追加」を左クリック。



指標の「▼」を左クリックすると、たくさんの選択項目が表示されます。その中の「移動平均」を左クリックして選択。



期間を「3」日にします。



「色」を左クリックして、「色選択」を左クリックします。



「ピンク」を左クリックして、「OK」を左クリックします。



幅を「2」にして、「OK」を左クリックします。



ピンク色の3日移動平均線が表示されました。

たくさんの銘柄を快適にチェックするなら
パンローリングのチャートギャラリーがおすすめ!

・製品版を購入すれば最新の株価データをずっと無料でダウンロード可能
・買い切りソフトなので毎月の利用料を支払う必要はなし
・最新データをダウンロードしておけば、ネットに繋がっていなくても利用可能
・銘柄の切り替えが早いので、たくさんの銘柄をチェックするのに便利
・約30年分のデータを閲覧可能、思う存分トレードの勉強ができる
・相場師朗先生のトレード技術を勉強するなら必須のチャートソフト

 無料お試し版はこちらから

チャートギャラリー徹底解説

チャートギャラリーをおすすめする理由

チャートギャラリーのインストール方法

チャートギャラリーの使い方

チャートギャラリーの便利な使い方


関連記事

チャートギャラリー徹底解説

チャートギャラリーをおすすめする理由

チャートギャラリーのインストール方法

チャートギャラリーの使い方

チャートギャラリーの便利な使い方



【チャートギャラリー専用】各種銘柄データ

チャートギャラリー用データに最適化しています。ダウンロードしてチャートギャラリーに取り込めばすぐに使えます。

相場師朗先生の「技」銘柄検出データ【営業日毎日更新】

株式各種銘柄データ

株式ランキング銘柄データ【営業日毎日更新】