損失(含み損)に対して、心臓が「キュッ」と締め付けられるような感じがする時は、自分が想定しているリスクを超えている。

投稿日:
カテゴリ:コラム

精神的に落ち着かなくなるトレードは、なるべく避ける

投資にはリスクがつきものですが、どの程度リスクを許容するかが問題になります。

例えば、私が利用しているFX自動売買(EA)で考えてみると、証拠金30万円あたりLot0.01が安全に取引できる数値と推奨されています。

Lotが大きくなると、得られる利益が大きくなりますが、それと同時に損失(含み損)も大きくなります。

Lot0.01→証拠金30万円
Lot0.02→証拠金60万円
Lot0.03→証拠金90万円
Lot0.04→証拠金120万円
Lot0.05→証拠金150万円
Lot0.06→証拠金180万円

自動売買のメリットは自分の意志に関係なく淡々とトレードしてくれること。100万円の損切り失敗を経験して。

上の記事にも書きましたが、100万円の損切りをしました。

この時は、推奨されている証拠金150万円・Lot0.05でトレードしていました。

しかし、この日は大きい値動きがあり、みるみるうちに含み損が大きくなっていきました。一時的には約130万円の含み損になっていたと思います。

私は、100万円を超える含み損に気持ちが耐えられず、「このままだと資金がゼロになってしまう」と感じ、損切りしました。

このトレードには続きがあり、損切りしていなければ15分後に利益確定していたのです。損切りしてなければ、20万円の利益を手にしていました。

私自身が、100万円の含み損に気持ちが耐えられていれば、損切りすることもなく利益確定し、1回のトレードで20万円の利益を手にすることができていました。

この失敗を通じて、具体的な数値でリスク管理するのも大切ですが、損失(含み損)を見て、心臓が「キュッ」と締め付けられるような感じがする時は、自分が想定するリスクを超えていると思います。

現在は、具体的な数値でリスク管理をすることは大前提ですが、精神的に落ち着かなくなるトレードはなるべく控えるように心がけています。

株式投資には、たくさんのお金が必要だと思っていませんか?

株は100株購入が一般的ですが、SBIネオモバイル証券なら1株から購入することができます。

例えば、Nintendo Switchを販売している任天堂を100株購入すると6,505,000円ですが、1株なら65,050円で購入できます。ユニクロで有名なファーストリテイリングを100株購入すると9,023,000円ですが、1株なら90,230円で購入できます。

自分の好きな会社、応援したい会社を1株から購入することが可能です。

もちろん、1株1,000円以下の銘柄もあります。

566.2円:Zホールディングス(ヤフー)[4689]
910.0円:清水建設(建設)[1803]
937.1円:日本郵政(郵便)[6178]
576.1円:日産自動車(自動車)[7201]
896.0円:コジマ(家電量販店)[7513]
381.0円:シチズン(時計)[7762]
633.0円:AOKI HD(紳士服)[8214]
590.3円:三菱UFJ銀行(銀行)[8306]
451.4円:りそなHD(銀行)[8308]
574.0円:ヤマダHD(家電量販店)[9831]
※2021年4月16日の株価(終値)

私は日本株をSBIネオモバイル証券で購入しています。「千里の道も一歩から」ではありませんが、毎回、数株ずつコツコツ購入し、着実に資産が増えています。

現在の運用状況はこちらです。

今の目標はコツコツ購入して、100株にして株主優待をもらうことです。配当金をもらえて、さらに株主優待もゲットできれば、家族に喜ばれること間違いなしです!

関連記事


【チャートギャラリー専用】各種銘柄データ

チャートギャラリー用データに最適化しています。ダウンロードしてチャートギャラリーに取り込めばすぐに使えます。

相場師朗先生の「技」銘柄検出データ【営業日毎日更新】

株式各種銘柄データ

株式ランキング銘柄データ【営業日毎日更新】