本当のプロは「戦わずして勝つ!」

Date :
Category : コラム
Tag :
スポンサーリンク

自分の分かりやすい場面でトレードする

株トレードのプロと言うと、難しい場面でもトレードしてバンバン利益を上げている印象を受けますが、「本当のプロは、戦わずして勝つ」と相場先生がおっしゃっていたことを思い出しました。

つまり、分かりやすい場面、「自分なら高い確率で利益が出せそうだ」という場面でしか、トレードしないそうです。

初心者に比べて、プロは「自分にとって分かりやすい場面」がたくさんあるので、初心者からしてみると「プロがトレードしているこの場面では出来ないな・・・」と思っていても、プロにとっては「楽勝!」だったりする訳です。

楽勝な場面であれば、リスクを負わずに勝てることになり、まさに「戦わずして勝つ」と言うことになりますね。

「得意技がどのくらいあって、その勝率はどのくらいか?」

「得意技が少なくて勝率が低ければ初心者」「得意技がたくさんあって勝率が高ければプロ」と言うことになるのだと思います。

私の場合は、今のところ、5日線と20日線が共に上向き、もしくは下向きなど、明確にトレンドが分かる場面でしかトレードできませんが、「この場面なら、高い確率で勝てそうだ!」となるように、練習を重ねたいと思います。(^^)

相場先生のトレード技術を学ぶならこのチャートソフトは必須!
スポンサーリンク

スポンサーリンク


オススメ関連記事


同じカテゴリーの記事


同じカテゴリーの記事