日本製鋼所[5631]ショットガン投資法[1]:トレード反省

Date :
Category : トレード反省
Tag :
スポンサーリンク

トレード内容

エントリー時の予想



1.5日線・20日線・60日線が上向きだったので、上昇トレンドと判断。
2.5日線の下を陰線で推移していたのが、陽線で半分の法則。
3.もの分かれ

上昇すると判断して買いでエントリー

想定したシナリオ


①もの分かれ(メインシナリオ)
②5日線を割って20日線に当たって上昇
③5日線・20日線を割り込んで下落

トレード結果


半分の法則で買いを入れたが、エントリー当日陰線。 さらに翌日も陰線。5日線を完全に割り込んだところで手仕舞い。

2017/7/18(火)信用買い:100株:1,883円
2017/7/20(木)手仕舞い:100株:1,822円
損失:6,560円

スポンサーリンク

考察

今回のトレード反省

上昇のもの分かれを狙って買いを入れたが、エントリー当日に陰線 。下落のストーリーも考えていたが、ショットガン投資法だったので、建玉操作せず損切りした。

損切りのタイミングについて、ショットガン投資法の基本は、逆に動いてしまったら、すぐに手仕舞いだが、5日線・20日線・60日線が上向きで上昇トレンドと考えていたので、終値線が5日線を割り込むまでは継続と考えていた。

ショットガン投資法の場合は、順張りトレードなので、ストーリー通りに動いていれば問題ないが、逆に動いてしまった場合、損切りしなければならない。

逆に動いてしまった場合は、ショートトレードのようにヘッジを入れて利益に持っていけるようになると、トレードの幅が広がりそう。

そのためには、株価のストーリーを複数考えておき、そのストーリーに応じた建玉操作ができるようになる必要がある。

損失を減らすことはできたか?


買いエントリーした日に陰線となったので、予想とは逆方向に動いたと判断して、翌日寄付きで手仕舞い。

利益を上げる方法はあるか?



その後のチャートを見てみると、結果的には前の高値に届かず下落の形となった。(シナリオ③)


7/18:買い→0-1
7/19:陰線→売りヘッジ→1-1
7/20:5日線割れ→買いを切って、売りを追加→2-0
7/21:継続
7/24:20日線割れ→売りを追加→3-0
7/25:十字→手仕舞い→0-0

相場先生のトレード技術を学ぶならこのチャートソフトは必須!
スポンサーリンク

スポンサーリンク


オススメ関連記事


同じカテゴリーの記事


同じカテゴリーの記事