分かったつもりでトレードしても勝てない

Date :
Category : コラム
Tag : , ,
スポンサーリンク

今はトレードするタイミングではない

株トレード道場の第1回セミナーでは、ショットガン投資法のエントリーポイント、手仕舞いのポイントを細かく教えていただきました。

セミナーの中で相場先生が「今日のセミナーを観て、分かったつもりでトレードしても勝てません」とおっしゃっていました。

そのため今は、ペイント練習を最優先にして、トレードは行っていません。

ペイント練習を繰り返し、「あ~っ!!!」と何かが分かるまでは、トレードはやらない予定です。

とにかく今は、ペイント練習とセミナー動画を繰り返し観ることに注力します。

得意技を見つける

ペイント練習を繰り返していく中で、得意技を見つけたいと思います。

株トレード道場に参加する前は、「トライ届かず」や「くちばし」でショットガンのエントリーをしていました。

練習を積み重ねて、これらの技の確度を高めていきたいと思います。

そして、セミナーで教えていただいた「11の技」を1つずつ得意技に加えていきたいです。

相場先生は、「トライ届かず」「くちばし」「もの分かれ」などの技を、1つだけではなく、複数組合せて使えるようになると勝つ確率が上がっていくと、お話されていました。

最終的には「11の技」を自在に使いこなせるようになりたいですね。

スポンサーリンク

知っていることと、できることは違う

「知っていることと、できることは違う」

相場先生は、ラジオNIKKEIの株塾でも繰り返しお話されています。

例えば、ゴルフ。

私はゴルフをやったことがないのですが、プロゴルファーにスイングの方法を教わったとします。しかし、すぐにプロと同じようなスイングをすることは出来ません。

当たり前ですよね・・・(^^ゞ

株でも同じです。

ゴルフの例だとすぐにプロのようになれないことは分かっているのに、株だとすぐに成果や利益を求めてしまう。

焦りは禁物です。

相場先生のトレード技術を学ぶならこのチャートソフトは必須!
スポンサーリンク

スポンサーリンク


オススメ関連記事


同じカテゴリーの記事


同じカテゴリーの記事