Pythonで相場師朗先生の「くちばし」を検出させるプログラムを作る[6]今日くちばしが発生した銘柄のみを抽出する

Date :
Category : プログラミング
Tag : , ,
相場師朗先生の「ショットガン投資法」を一番最初に学ぶのが近道
相場師朗先生のトレード技術の基礎を順序立てて学ぶ
【お試し無料ダウンロード版あり】相場師朗先生のトレード技術を学ぶならこのチャートソフトは必須!

日々「くちばし」を検出するために細かく設定

[1]株価データを取得する
[2]取得した株価データをチャート表示する
[3]移動平均線を表示する
[4]くちばしを検出する
[5]JPX400と日経225のデータを取得する

上記で、株価データを取得したり、くちばしを検出したり出来るようになりました。

今度は、日々使えるように、細かく設定していきます。

今日発生したくちばしのみを検出する

今までは、取得した株価データで、くちばしが発生した日を全て出力していました。

トレード研究であれば、過去発生したくちばしを出力させて検証することも必要ですが、日々使うためには、今日発生したくちばしの銘柄を知る必要があります。

そこで、JPX400と日経225の銘柄で、今日発生したくちばしを検出して、銘柄コードのみをtxtファイルに保存します。くちばし、逆くちばしが発生しなかった場合、txtファイルは生成されません。


ファイル名は、くちばしの場合は「日付+kutibashi.txt」、逆くちばしの場合は「日付+gyaku_kutibashi.txt」にしました。

銘柄コードのみ保存したtxtファイルは、チャートギャラリーに一括取り込みするためのデータになります。



txtファイルに保存されている銘柄コードをチャートギャラリーにコピーします。



チャートギャラリーに銘柄コードが認識されて、チャートが表示出来るようになりました。

このようにすることで、今日発生した「くちばし」の銘柄を、短時間でチェックすることが出来ます。
 

相場師朗先生の「ショットガン投資法」を一番最初に学ぶのが近道
相場師朗先生のトレード技術の基礎を順序立てて学ぶ
【お試し無料ダウンロード版あり】相場師朗先生のトレード技術を学ぶならこのチャートソフトは必須!

オススメ関連記事


同じカテゴリーの記事


同じカテゴリーの記事