相場先生がライブのセミナーにこだわっている理由

Date :
Category : 相場師朗の株トレード道場~The Final~三大トレード技術
Tag : , ,
スポンサーリンク

なぜ相場先生はライブセミナーを勧めるのか?

ラジオNIKKEIの株塾は毎週火曜日に放送されており、Ustreamでも同時配信されています。Ustreamでは、さらに課外授業として30分程度、相場先生がチャートを使いながら分かりやすく解説されます。

毎回ラジオNIKKEIの株塾を観ている方は、相場先生が放送中に、「是非、リアルのセミナーに参加してみて下さい」とおっしゃっているのを聴いたことがあると思います。

相場先生がなぜ、「リアルのセミナーに参加してみて下さい」とおっしゃっているのか、今回、株トレード道場のセミナーに参加して、その理由が分かりました。

断片的な技術と系統化された技術

ラジオNIKKEIの株塾でお話されている「くちばし」「トライ届かず」「もの分かれ」など、相場先生の技術を株トレード道場のセミナーでも解説してくれます。

基本的な考え方は、株トレード道場のセミナーでもラジオNIKKEIの株塾でも一緒です。(※セミナーでしか語られないこともあります)

ラジオNIKKEIの株塾では、毎回短時間で1つのテーマを解説してくれます。一方、株トレード道場のセミナーでは、4時間みっちり相場先生のトレード技術を解説してもらえます。

今回、株トレード道場のセミナーに参加して「パズルと一緒かも・・・」と感じたのです。

以前、ラジオNIKKEIの株塾で相場先生は「ラジオNIKKEIの株塾は時間が限られているので、テーマを1つ決めて、深く狭く」とおっしゃっていました。

ラジオNIKKEIの株塾は、時間の関係で1つのテーマをコンパクトに解説してくれます。このテーマは相場先生のトレード技術のほんの一部分に過ぎません。つまり、パズルのピースなのです。

一方、株トレード道場のセミナーでは、「ショットガン投資法」「ショートトレード」「うねり取り」の相場先生の三大トレード技術を半日かけてじっくりと教えてくれます。

ラジオNIKKEIの株塾がパズルのピースだとすれば、株トレード道場のセミナーは1つ1つのピースが組み立てられた完成状態のパズルです。

株トレード道場のセミナー受講者は、自分でパズルを組み立てることなく、完成されたパズル全体を見ることができるのです。

つまり、ラジオNIKKEIの株塾が「断片的な技術」だとすれば、株トレード道場などのライブセミナーは「系統化された技術」と言えると思います。

ラジオNIKKEIの株塾(無料)と株トレード道場などのライブセミナー(有料)の差はここにあると考えています。

スポンサーリンク

ライブセミナーに参加することでパズルを組み立てることなくショートカットできる

私が相場先生のうねり取りを知ったのは約1年前。ラジオNIKKEIの株塾や7step株式投資メソッドなどで勉強を続けてきました。

しかし、先にもお話したように、断片的な技術が身についても、なかなか全体像が把握できなかったのです。

そのため、「何をどうやって、どのくらい勉強すれば良いのか?」理解できていませんでした。これが、伸び悩みの原因だったのだと感じています。

もちろん、きちんとパズルのピースをきちんと自分で組み立てて全体像を把握できる方もいらっしゃると思います。

今回、株トレード道場のセミナーに参加して、ショットガン投資法の全体像を把握することができ、さらに、どのような方法で練習を積み重ねていけば良いのか相場先生に教えていただきました。

やるべきことが明確になったのです。あとは、教わった方法を愚直に繰り返していくだけです。

相場先生のトレード技術を学ぶならこのチャートソフトは必須!
スポンサーリンク

スポンサーリンク


オススメ関連記事


同じカテゴリーの記事


同じカテゴリーの記事