建玉操作で迷っているなら、潔く手仕舞った方が良い

Date :
Category : コラム
Tag : , ,
【相場師朗先生の最新教材】まずはショットガン投資法から学ぶのが利益を得るための近道
【新教材】相場先生のトレード技術を系統立てて学びたい人に最適な教材
【お試し無料ダウンロード版あり】相場先生のトレード技術を学ぶならこのチャートソフトは必須!

「下落」を狙っている時の「横ばい」



現在、「半分の法則で一旦上昇した後、下落する」シナリオでトレードしています。

メインシナリオは下落なのですが、一方で上昇するシナリオもあります。

今、建玉操作で迷っているのが、上記以外のシナリオ「横ばい」です。



特に、JSR[4185]は横ばいが続いています。

3日・5日・10日の移動平均線が集中して、方向感がなくなっています。

建玉操作の判断に迷うことはシナリオが描けていない



「半分の法則で買いエントリーした後、陰線が出たら売りを追加していく。そして、ローソク足が5日線を陰線で割り込んだら、買いを切って、売りを追加し、下落を狙っていく。」

この部分については、建玉操作で迷うことはありません。なぜなら、何度も練習して、想定したシナリオ通りに株価が推移しているからです。

しかし、建玉操作で迷うことがあります。

「どのように建玉操作すればよいか判断に迷っている」と言うことは、以降のシナリオが描けていないと言うことになります。

練習不足と言うこともありますが・・・^^;

特に、「横ばい」が続いている場合は、ローソク足が、5日線を踏んで、上に行ったり、下に行ったりします。

その度に、建玉操作していたら、損失が膨らむばかりです。

相場師朗先生がいつもおっしゃっている「右往左往」です。

今回のJSR[4185]がそうですが、上昇や下落を狙っている時に、横ばいが続いてしまっている場合は、潔く手仕舞ってしまったほうが良いのでは・・・と考えています。

個別銘柄で上昇・下落している銘柄は、他にもたくさんある訳ですから、横ばいの銘柄をいつまでも保有しているより、手仕舞って、次の銘柄に移った方が、資金効率が良くなります。

場合によっては損失となることもありますが、潔く手仕舞って、次の銘柄を探してエントリーしたほうが良いかもしれません。

【相場師朗先生の最新教材】まずはショットガン投資法から学ぶのが利益を得るための近道
【新教材】相場先生のトレード技術を系統立てて学びたい人に最適な教材
【お試し無料ダウンロード版あり】相場先生のトレード技術を学ぶならこのチャートソフトは必須!

オススメ関連記事


同じカテゴリーの記事


同じカテゴリーの記事