エントリーするための根拠が少ない場合はトレードしない勇気を持つ

Date :
Category : コラム
Tag : ,
スポンサーリンク

株好きはとにかくエントリーしたい

「休むも相場なり」と言われます。

「エントリー銘柄がないと、居ても立ってもいられません・・・」株好きの方は、皆さんそうなのではないでしょうか?

エントリーしたいがために、勝てる可能性が低い場面で無理にエントリーしてしまったことはありませんか?

エントリーする際は、エントリーするための根拠がなければなりません。

エントリーするための根拠が多ければ多いほど、勝てる確率が上がります。少なければ、確率は下がります。

例えば、「5日線を陽線で越えたら買い」の場合でも、「節目は?」「日柄は?」「他の移動平均線の向きは?」など、複数の要因を加味してエントリーするか検討します。

そして、エントリーするための根拠が多い場合はエントリー、逆に少ない場合は、エントリーしない。

エントリー銘柄がないと言うことは、株好きには酷かもしれませんが、自分が株式トレードをやる理由を常に心に留めておくことが大切です。

確かに、エントリーしないことには利益を出すことはできませんが、エントリーすることが最大の目的ではありません。

利益を最大化して損失を最小化する。そして、トータルで利益を確保していくことが最大の目的なのです。

相場先生のトレード技術を学ぶならこのチャートソフトは必須!
スポンサーリンク

スポンサーリンク


オススメ関連記事


同じカテゴリーの記事


同じカテゴリーの記事