「ショットガン投資法」と「ショートトレード」の手仕舞いする場所が違っていた:2017年12月16日のトレード練習日誌

Date :
Category : トレード練習日誌
Tag : , , ,
スポンサーリンク

過去のトレードを振り返っていたのですが、「ショットガン投資法」と「ショートトレード」の手仕舞いする場所が違っていたことに気がつきました。

ショットガン投資法の場合、数日で手仕舞いするので、下落狙いで陽線が出てしまったら、基本は手仕舞いです。

しかし、ショートトレードの場合、似たような場面でも継続することがありました。

それは、すでに売り玉を持っていて、それが利益になっていた時です。陽線で反転しても、まだ利益になっていて、5日線と20日線が下向きだったので、「もう1日待ってみようか・・・」という判断をしました。

その結果、翌日は陰線となり、翌々日に寄付きで手仕舞いしました。

今回の例は、たまたま上手く行きましたが、株価の流れを見ながら判断することが大切であると学びました。

本日の練習

ペイント練習:1枚
合計:1枚
総計:317枚

【お試し無料ダウンロード版あり】相場先生のトレード技術を学ぶならこのチャートソフトは必須!
スポンサーリンク

スポンサーリンク



同じカテゴリーの記事


同じカテゴリーの記事