潔く損切りしました。:2017年11月30日のトレード練習日誌

Date :
Category : トレード練習日誌
Tag : ,
スポンサーリンク

今、2銘柄をトレード中です。

2銘柄とも、5日線と終値線のもの分かれで売りエントリー(1-0)したのですが、いずれも終値線が5日線を越えて逆行。買いヘッジを入れて(1-1)様子見していました。

1銘柄はその後、再び5日線を割り込んだので、買いヘッジを切って、売りを追加(2-0)しました。今日も下落しました。

もう1銘柄も、再び5日線を割り込んだので、買いヘッジを切って売りを追加(2-0)したのですが、昨日、大きな陽線が出て、一気に5日線と20日線も越えてしまいました。

最初は下落を狙っていたのですが、終値線が5日線と20日線を越えてしまったため、下落でなく、上昇と判断しました。

そして、今日の寄付きで、売りをすべて手仕舞い(損切り)して、買いを1つ入れました(0-1)。

以前だったら、「これだけ大きな陽線だったら、明日は調整で少し下げるかも知れないから、もう1日待ってみよう・・・」と、自分の都合の良い予想をしていたと思います。

しかし、トレード研究で勉強した通り、売りから買いに転換。今日は2日連続の陽線で、1.5%上昇しました。

もし、様子見していたら、さらに損失が拡大していました・・・(^-^;

相場先生のトレード技術を勉強するようになって、潔く損切りできるようになりました。

以前、ラジオNIKKEIの株塾で相場先生が「下げを狙っていても、上昇してしまったら、売りを切るしかないんです」と言ったような内容でお話されていたのを思い出しました。

今回のケースも、終値線が5日線の下で推移していたのですが、一気に5日線と20日線を越えてしまったので、これは下落ではなく上昇と判断するしかありません。

「損切りするのは嫌だけど、今度は買いで取ってやればいい!」

そういう気持ちになって、躊躇なく損切り手仕舞いの注文を入れることが出来ました。(^^)

本日の練習

ペイント練習:1枚
合計:1枚
総計:300枚

【お試し無料ダウンロード版あり】相場先生のトレード技術を学ぶならこのチャートソフトは必須!
スポンサーリンク

スポンサーリンク



同じカテゴリーの記事


同じカテゴリーの記事