まずは基本に忠実に。自分なりのアレンジをするのはその後で良い。:2017年11月27日のトレード練習日誌

Date :
Category : トレード練習日誌
Tag : , ,
スポンサーリンク

自分が勉強しているトレード手法で利益がなかなか出ないことがあります。特に負けが続くと、「本当にこの方法を続けて大丈夫だろうか?」と不安になってしまいます。

「上昇局面もの分かれを狙ってエントリーしたらすぐに下落してしまった。だから、この方法はダメなんだ」と短絡的にならず、「何でダメだったのか?」を検討していきます。

検討することはたくさんあります。

移動平均線の向き・傾き、日柄、節目、日足・週足、移動平均線とローソク足の関係、ローソク足の形など。

ダメだった要因を深掘りすることで、原因が分かるかもしれません。自分で行ったトレードを深掘りしていくことで、自分のトレード技術も上がっていきます。

巷にはたくさんの株トレード手法がありますが、あちこち手を出してしまうと、結局は何も身につかなかった・・・ということになってしまいます。

まずは、「これ!」と決めた、1つのトレード手法を基本に忠実にトレードを行い、勝率が高くなった段階で、自分で見つけた技を追加していくのが良いですね。

本日の練習

ペイント練習:1枚
合計:1枚
総計:296枚

【お試し無料ダウンロード版あり】相場先生のトレード技術を学ぶならこのチャートソフトは必須!
スポンサーリンク

スポンサーリンク



同じカテゴリーの記事


同じカテゴリーの記事