最初のうちはテーマを1つに絞って勉強したほうが良い:2017年11月23日のトレード練習日誌

Date :
Category : トレード練習日誌
Tag : ,
スポンサーリンク

相場先生のトレード技術は、上昇局面、下落局面、横ばい局面で様々な技を使ってトレードすることが出来ます。

しかし、最初のうちは、「上昇局面を勉強したいなら上昇局面だけ」「下落局面を勉強したいなら下落局面だけ」など、1つのテーマを深掘りした方が、効率的だと思います。

相場先生がおっしゃっている「狭く、深く」です!

私の場合は、「下落局面の5日線と終値線のもの分かれ」をエントリーポイントとして、その後のストーリーを複数考えて、利益が上げられる建玉操作を相場チャートを使って検証しています。

その後、実際にトレードを行い、自分で検証した内容が合っているか確認します。

検証した内容で合っているのであれば、引き続き、同じ手法でトレードを続けていきます。

もし、間違っているのであれば、実際に行ったトレードの反省をして、「何が間違っていたのか?」を確認し、修正を行います。

そして、修正した内容で、改めてトレードを行っていきます。

これを繰り返していけば、より確度の高いトレードが出来るようになると考えています。

以前、相場先生のお弟子さんが「下落のショットガンだけ狙っている人がいる。それだけでも十分に利益を上げています。」とおっしゃっていました。

周りの人たちに流されることなく、焦らず、じっくり、自分のペースで行きましょう!(^^)

本日の練習

ペイント練習:2枚
合計:2枚
総計:288枚

【お試し無料ダウンロード版あり】相場先生のトレード技術を学ぶならこのチャートソフトは必須!
スポンサーリンク

スポンサーリンク



同じカテゴリーの記事


同じカテゴリーの記事