チャートギャラリーをオススメする3つの理由

Date :
Category : チャートギャラリーの使い方
Tag :
スポンサーリンク

チャートギャラリーは相場先生が使っているチャート閲覧ソフト



チャートを閲覧するソフトウェア「チャートギャラリー」をオススメする第一の理由は、「相場先生が使っているチャート閲覧ソフトだから」です。

他にもチャートを閲覧するソフトはたくさんありますが、同じソフトを使って、相場先生と同じ仕様にした方が、相場先生の解説が分かりやすくなります。

私の場合は、ラジオNIKKEIの株塾や受講したセミナー動画を観ながら、相場先生が解説されている銘柄をチャートギャラリーで表示して勉強しています。

このブログでも、チャートギャラリーをキャプチャしたチャートを使ってトレードの検証を行っています。

銘柄の切り替えが早い



チャートギャラリーで良いと感じた点は、銘柄の切り替えが早いことです。

JPX400の銘柄をチェックする場合、銘柄数は400になります。400銘柄を次々にチェックしていくためには、快適な操作性が必要です。

銘柄の切り替えがちょっとでも遅いと、それがストレスに繋がるからです。

その点、チャートギャラリーは、【Shiftキー+↑↓キー】で銘柄の切り替えがサクサク出来るので、ストレスなく銘柄チェック出来ます。

相場先生が監修されている相場チャートがありますが、こちらは銘柄の切り替えが遅いので、JPX400の銘柄チェックはチャートギャラリーを使っています。

スポンサーリンク

買い切りのソフトである

チャートギャラリーのスタンダード版の価格は30,000円(税別)(※2017年11月現在)となっています。このソフト単体で考えると高いかもしれません。

しかし、相場チャートの場合は月額利用料金が5,000円(税別)(※2017年11月現在)なので、6ヶ月以上利用すれば、チャートギャラリーの価格を越えてしまいます。

そのため、最初に購入する金額は高くなりますが、長い目で見ると、買い切りのソフトであるチャートギャラリーの方がお得になります。

総じて、投資系のツールは高額なものが多いですが、「株式投資を通じて、どのくらい稼ぎたいのか?」と言うことだと思います。

「株式投資で月1,000円稼ぎたい」と考えているのであれば、チャートギャラリーは高額なソフトかもしれません。

しかし、株式投資で利益を上げたいと考えている方は、少なくても数十万、数百万、多ければ数千万、数億円を稼ぎたいと考えていると思います。

そうであれば、チャートギャラリーの購入費用は投資の一部と考え、相場先生のトレード技術を学んでトレードして行けば、購入費用はすぐに取り返せると思います。
 

【お試し無料ダウンロード版あり】相場先生のトレード技術を学ぶならこのチャートソフトは必須!
スポンサーリンク

スポンサーリンク


オススメ関連記事


同じカテゴリーの記事


同じカテゴリーの記事