下落を狙ったショットガン投資法で、売りエントリーした直後に逆行してしまった時の対処法で分かったこと[1]

Date :
Category : トレード研究
Tag : ,
スポンサーリンク

下落を狙ったショットガン投資法で、売りエントリーした直後に逆行してしまった時の対処方法

現在、下落を狙ったショットガン投資法で、売りエントリーした直後に逆行してしまった時の対処法について検証を行っています。

これからも、色々なパターンで検証していく予定ですが、現時点で分かったことを備忘録として残しておきたいと思います。

概論
想定するシナリオ
1.終値線が5日線を越え、すぐに5日線を割り込んで下落した場合
【検証1-①】協和発酵キリン[4151]2017/1/16~
【検証1-②】住友金属鉱山[5713]2017/4/6~
2.終値線が5日線を超え、20日線付近まで上昇した後、5日線を割り込んで下落した場合
【検証2-①】住友金属鉱山[5713]2017/4/6~
3.終値線が5日線を超え、20日線も越えて上昇した場合
【検証3-①】三井化学[4183]2000/9/27~

スポンサーリンク

一番簡単な対処方法



①売りエントリーポイントは、終値線と5日線のもの分かれ。まずは、ここで売りを入れます。

②すぐに逆行して、終値線が5日線を越えたら、買いヘッジは必須。終値線が5日線と20日線の間にいる時は、売りと買いをスクエアにして様子を見る。

③終値線が5日線を割り込んだら、買いヘッジを切って、売りを追加。

④終値線が20日線を越えたら、本玉の売りを切って、買いを追加して本玉とする。

このパターンが一番簡単な方法と考えます。これであれば、建玉操作も少ないので、リスクが少なくトレード出来そうです。

ショートトレードも見据えたトレードをすると、もっと複雑な建玉操作になって、リスクも高くなっていきますが、まずは簡単な建玉操作で利益確保出来るように、練習を重ねていきたいと思います。
 

【お試し無料ダウンロード版あり】相場先生のトレード技術を学ぶならこのチャートソフトは必須!
スポンサーリンク

スポンサーリンク


オススメ関連記事


同じカテゴリーの記事


同じカテゴリーの記事